最近、医療に関する問題がマスコミをにぎわしていますが、シリーズでそのなかの基本的なご質問にいくつかお答えします。
今回は「日本の医療費は高いの?安いの?」についてお送りします。




医療費が高いか安いかってどうやって考えるの?

医療費って、漠然としすぎててなんだかよく分からない…
医療費って、漠然としすぎててなんだかよく分からない…
医療費とは、ものすごく大雑把に考えると、日本の国内で医療に使われているお金のこと。そして、日本の国民医療費は33兆円(2006年)。でも、この33兆円っていうお金、あまりに大きすぎて高いのか安いのか良く分からないですよね。

というわけで、一般的には医療費は、その国の国民総生産(GDP)のうち、どれくらいの比率なのか(対GDP比生産)という観点から考えることが一般的です。日本の医療費は現在これが大体8%くらい(OECDヘルスデータ2006)です。

さて、ではこの数字は高いのでしょうか、安いのでしょうか?