一番快適? 症状が落ち着く秋

11月になるとカニの解禁(昨年の福井での学会で買ったカニ)
アトピーは、気候が暑くなったり寒くなったりする際の、皮膚への負担からひどくなることがあります。秋にかかる風邪は咳・鼻を起こすので、喘息は悪化することがありますし、運動も時には喘息の悪化因子になります。アトピーで考えられる悪化因子としては、
  • 食事(カニ)
  • 花粉ならキク科(ヨモギ・ブタクサ)
  • 運動による汗

などが挙げられます。特に運動会の練習では、アトピーが悪化してしまうことが多いので、汗に対する対策が重要です。しかし、アンケート結果でもあるように、比較的アトピーは落ち着く時期です。
【関連記事】
花粉症の原因
アトピーでも運動会は大丈夫!
カニ・エビアレルギー



乾燥が敵! 掻いたら悪化する冬

<">怪しい民間療法の見分け方」もご参考に、信憑性にかけてしまうようなアトピービジネスには十分注意してください。


<`くように伸ばす
  • 伸ばすときに範囲が広い場合は、マッサージするように、手のひらですべらせて伸ばす

  • 冬での保湿剤は、皮膚の乾燥を防ぐことが重要であることから、皮膚を覆うようなワセリンなどの脂質成分を含むものがより効果的です。逆に春から夏にかけてはローション・クリーム・化粧水タイプの方が効果的です。保湿剤をぜひご参考にして、季節に応じた保湿剤を選びましょう。

    【関連記事】
    花粉症の原因
    スキンケア
    アトピーでもスキーは大丈夫?
    保湿剤

    あなたのアトピーはどの季節にひどいですか? 自分のアトピー原因と四季の悪化因子をよく知った上で、アトピーを悪化させないようにしていくことが一番いいですね。

    豆知識
    皮膚の保湿:皮膚の保湿には角質細胞間脂質(セラミド)・皮脂・天然保湿因子が関与。セラミドは、スフィンゴ脂質・コレステロールエステル・コレステロール・脂肪酸から構成。角質細胞の間にあって、角質を保持。皮脂は性ホルモンによって分泌が左右され、皮膚からの水分蒸発を防ぐ。

    豆知識
    時間外労働:労働基準法で労働時間が週40時間までと決めれら、1週間当たり40時間を越えて行われる労働。労働基準法36条に時間外労働は月45時間以下にするように努めることが明記されている。


    ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項