アトピーの治療として食事療法は重要です。以前、牛乳を控えて食事対策で、説明しておりますが、今回、実際の牛乳アレルギー治療用ミルクを紹介したいと思います。

牛乳の栄養とは

牛乳は栄養が豊富です。乳児期にはミルクも必要になります
牛乳は、非常に大切な食品で、良質のタンパク質、カルシウムを多く含んでいます。

そのため、牛乳を除去する時には、タンパク質とカルシウムを含む食品を考える必要があります。しかし乳児の場合は、無理なく食べれて牛乳の代替になるものを探すのは難しい問題です。そこで今回は、ミルクアレルギー用として認可されている製品を紹介します。牛乳を控えて食事対策で説明しましたが、カゼインが牛乳の主なタンパク質です。

掲載は五十音順です。

アレルギーが強くても安心
エレメンタルフォーミュラ(明治乳業)

エレメンタルフォーミュラ 420g 3,600円 希望小売価格(税別)
カゼイン分解物は結晶で、乳清分解物はアミノ酸まで分解されていますので、アレルギーを起こす力が全くありません。ミルクアレルギーが強い場合は最もオススメのミルクです。
乳糖    -
ビタミンK  ○
タウリン  ○
銅・亜鉛  ○
調乳濃度  17%
風味    △
エレメンタルフォーミュラ(明治乳業)

風味のよさも魅力
MA-mi(森永乳業)

MA-mi(森永乳業)
カゼイン分解物と乳清分解物を含みますので、アレルギーを起こす力は少ないかほとんどありません。比較的、風味がいいのがオススメです。
乳糖    ±
ビタミンK  ○
タウリン  ○
銅・亜鉛  ○
調乳濃度  14%
風味    ○
MA-mi(森永乳業)

次のページでは、乳成分を少しだけ残したミルクをご紹介します。