アレルギーの主な検査方法……血液検査・皮膚検査・負荷試験

注射器

アトピーを判断するうえで、血液検査は必須です

よく行われる主なアレルギー検査は、「血液検査」「皮膚検査」「負荷試験」の3つです。

■ 血液検査
採血をして、アトピーの原因を探ります。血液検査では、主に以下の項目がチェックされます。

  • 好酸球の数
血液の中の白血球という本来病気と闘う細胞で、好酸球という白血球の数を調べます。アトピーの人は、好酸球の数が多い傾向にあります。
 
  • IgE値
免疫に関わるたん白質で、アトピーの人はこのたん白質の数値が増えます。
 
  • 特異的IgE
原因と思われるアレルギー物質に対して、陽性か陰性か判断する指数。この数字は100までありますが、0.34以下ならスコア0で陰性。0.34~0.69までならスコア1で疑陽性。0.7以上ならスコア2で陽性になります。100近くになるとスコア6の重たいアレルギーがあると診断されます。

  • LDH(lactate dehydrigenase)
体内の酵素で、皮膚や肝臓などに含まれているもの。皮膚の炎症で皮膚が破壊されると血液中に出てきます。アトピーの湿疹がひどいと上昇するので、この数値を見ます。

  • TARC(Thymus and activation-regulateed chemokine)
細胞を引き寄せる体内で作られるタンパク質。最近測定できるようになった新しい数値ですが、アトピーの湿疹がひどいと上昇します。


血液検査についてより詳しく知りたい方は、「血液検査結果の活用法、数値の読み方」をご覧ください。

■ 皮膚検査
皮膚にアレルギー物質をつけるので、かゆくなるかもしれません
  • スクラッチテスト
原因と思われるアレルギー物質を皮膚にたらして、針で少しだけ皮膚を引っ掻きます。15分後に赤くなるか、蚊にかまれたような湿疹が出れば、たらしたアレルギー物質がアレルギーの原因と考えます。

  • 皮内テスト
原因と思われるアレルギー物質を皮膚内に針で入れます。15分後に赤くなるか、蚊にかまれたような湿疹が出れば、皮内に入れたアレルギー物質が原因と考えます。

  • パッチテスト
原因と思われるアレルギー物質を皮膚に貼り付けます。その状態で、2日間(48時間)、3日間(72時間)後に、赤くなるかを判断する検査です。

■ 負荷試験
原因と思われるアレルギー物質を摂取して、湿疹がでるかという検査です。症状がきつく出ることがあるので、外来よりは入院での検査になることがあります。

次に、喘息や花粉症が疑われる場合のアレルギー検査法について順に解説します。

「喘息」が強く疑われる場合のアレルギー検査

■ 呼吸機能検査
肺や気管支の状態と機能を見る検査。肺の膨らみを見る肺活量、気管支が狭くなっていないかどうかを見る1秒率を測定します。具体的には、息を吸って、吐く検査で、労力が必要です。そのため、子供に対してはこの検査はあまり行われていません。

■ 気道過敏性試験
薬剤やアレルギーを起こすアレルゲンを吸入させて、呼吸機能を見る検査です。負荷試験同様、気道が過敏な状態で、薬剤やアレルゲンに反応すると気道が狭くなるため、息苦しくなります。そのため、慎重に検査を行います。

「花粉症」が強く疑われる場合のアレルギー検査

■ 目の検査
眼脂や結膜をブラシ(ブラッシュサイトロジーというブラシを使います)を使って取り、結膜や眼脂の中の好酸球というアレルギーを起こす白血球がないか顕微鏡で観察します。

また、目に花粉の成分を点眼して、結膜炎を確認する点眼誘発試験があります。ただ、症状を起こす検査ですので、陽性の場合は少しツライ検査になります。花粉症の目の症状については、「花粉症の目の症状と対策法」をご参照下さい。

■ 鼻の検査
検査としては、血液検査と鼻にアレルギーを起こす物(小さなディスク)を入れて鼻の粘膜を観察する方法があります。後者は、ダニとブタクサしかありません。

なお、アレルギーの検査は、年齢を重ねるごとに変わります。数値が上がったり、下がったりするので、繰り返し検査されることをお勧めします。また、陽性が陰性になることがあるので、陽性といって悲観する必要は全くありません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。