痔?大腸がん? 「便潜血陽性」と言われたら……

検査書類を持つ男性

健康診断で「便潜血陽性」と言われたら、誰しも心中穏やかには過ごせません。「ひょっとして、大腸がんかしら?」と動転する前に、少し基本的な知識と考え方について知っておきましょう

健康診断で「便潜血陽性」の診断。検査結果通知書には、「速やかに、精密検査を受けて下さい」と記載されています。

これを見て、不安に思わない方は、ほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか?

「便潜血って、あの綿棒みたいな器具で採取した検便の検査結果のこと?」「見た目では、便に血が混じっているような感じは無かったぞ」「ひょっとして、大腸がんかも……?」

今回は、そんなあなたの疑問や不安を解消する「便潜血陽性」のホントのところについて、お話しましょう。

知っておきたい「便潜血陽性」が示す事実とは

便潜血陽性が示す事実"
まずは、「便潜血結の検査結果が陽性だった」ということが示す事実を理解することが、第一歩です
そもそも、便潜血とは何なのでしょうか? 基本的には、読んで字のごとく、便に血が潜んでいる状態です。

検査法としては、近年、ヒトの血液に含まれるヘモグロビンという物質を免疫学的にチェックする方法が用いられることが一般的です。よって、この検査が示す事実は、「採取した便の検体の中に、ヒトの血液が混じっている可能性が非常に高い」ということで、これ以上でもこれ以下でもありません。

通常、口から入った食べ物が、胃、十二指腸、小腸、大腸・S状結腸・直腸を経て、肛門から便として排泄される課程で便に血が混じることはありません。現在の便潜血の検査では、主に、大腸以後の消化管で出血しているのかどうかをみることを目的としています。

大腸ポリープの場合、ポリープ表面の組織がもろく、便が通り過ぎるときに擦過されるだけでも出血しやすいので、便潜血が陽性になります。しかし、消化管での出血というのであれば、極端な話、痔でも便潜血陽性になるのでしょうか?

答えは、「Yes」です。実は、その他にも色々な病気で便潜血は陽性になります。

次のページでは、「便潜血が陽性になる他の病気」について解説します。