最近、日本人の5人に1人が不眠だと言われています。不眠にもいろいろなパターンがあります。今回はどんなパターンがあるかどうかについてご紹介します。


<CONTENTS>


不眠のパターンは4種類

不眠って…
不眠って…
どんな風に眠れないのかを考えてみると、大きく分けて4種類のパターンがあると考えられています。

1.入眠障害 
床に入ってもなかなか寝付けない。いわゆる「寝つきの悪い」という場合です。

2.中途覚醒
夜中に目が覚めてしまって困ってしまう場合です。お酒を飲んで眠ると、無理やり脳を押さえつけて眠らせていることになるので、かえって途中で目が覚めてしまうという状態が起こります。

3.早朝覚醒
朝早く目が覚めてしまう場合。うつ病の場合の不眠に、これが多いことが知られています。
なお、2の中途覚醒と3の早朝覚醒は年齢が上がればあがるほど生理的に増えてゆきます。ですから「お年寄りは朝が早い」なんて、よく言われますよね。

4.熟眠障害
ぐっすり眠った気がしない。なんとなくうつらうつらしていて、熟眠感が得られない場合です。


次のページでは不眠を解消するヒントをご紹介します。 >>