夏のぎっくり腰はとにかく暑い!?

腰痛用のベルトをつけての仕事
ぎっくり腰では、腰部の支えが不安定になるため、腰痛用のベルトをつけると、動作が楽になることがあります。
「腰痛ベルト」「骨盤ベルト」などのように、腰部・骨盤が安定するようなものを巻くと、痛みの出る動きも制限され、体を起こして歩くなどの動作も安定したように感じる効果が期待できます。

中には、さらしや布を腰にぐるぐる巻いたり、ダンボールの切れ端を腰に当てて布で固定したりと、アイディアを活かしている人もいるようですが、夏真っ盛りの時に皆さんがおっしゃる共通な言葉は「暑くてたまらん。」「ちょっとの時間でも巻いているのがツライ。」「すぐに外してしまう。」ということです。

「あせもが出来るのですか?」という質問に対しては、「あせもが出来るほどの時間、つけていることができない。」ということでした。服1枚でも暑く感じる真夏なのですから、腰をサポートするものを巻くとなると、確かに「暑くてたまらん。」ことが想像されますね。