子どもに歯磨きを教えるのはとっても大変です。あなたはどのように歯磨きを教えていますか?歯磨きの上手下手は、虫歯になる・ならないという大きな分かれ目だったりします。

そこで、特に子どもが自分で歯磨きをするようになってから小・中学生にまで効果のある教え方についてガイドが解説します。

あなたはどのタイプ?

まずはあなたが普段教えている方法について、自分の方法ににているものを選択してください。
  1. 歯磨きの概要だけを簡単に説明して子どもの自主性に任せる
    歯ブラシを教える
    あなたは子どもに歯磨きを教える方法を誤っていませんか?

    歯の磨き方を細かく解説するよりも、「甘いものを食べたらしっかり歯を磨きなさい。」「歯ブラシを口に入れてから最低3分間ね。」「お父さんの歯を磨いていることを真似しなさい。」など、口でしっかり毎回のようにいい聞かせ、子どもに自分で磨かせているタイプ。

    教え方がこのタイプに近い方はこちらをご覧ください。

  2. 歯ブラシの動かし方から磨く場所まで、丁寧に細かいステップにして教える
    歯磨きをすることで歯が健康に保てることを説明して、歯ブラシの持ち方や動かし方などをきちんとステップに分けて、なぜこの持ち方なのか?なぜこの動かし方をするのか?1つ1つ丁寧に解説しながら歯磨きを教えているタイプ。

    教え方がこのタイプに近い方はこちらをご覧ください。

  3. 歯を磨かないと将来どんなにひどい事態になるか不安感を利用する
    「歯を磨かないと後でどんなことになっても知らないよ?」、虫歯や抜けた歯の写真を見せて「あんな風になってもいいの!」など、磨かないことでこれから自分が体験するであろう辛いことを前面にして、恐怖心や不安感を利用して、そんな目にあいたくなければ、しっかり歯を磨きなさいと教えているタイプ

    教え方がこのタイプに近い方はこちらをご覧ください。

この3つの教え方では、あなたはどの教え方が1番良いと思いますか?