加齢に伴う黄斑変性症とは?

健康な目を守る
歳を重ねても、目の健康は守りたいものです。
そして世界的に患者数が増加している注目の目の病気は「黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)」

アメリカでは、65歳以上の中途失明の原因の一位となっており、視野の中心が見えなくなったり、ゆがんだりする症状を伴います。この病気の要因について、グロスマン先生は、以下のような点を指摘します。
 
  • 年齢
  • 遺伝
  • 高血圧
  • タバコ
  • アルコール
  • 食事(特に脂質)

    これを聞く限り、「黄斑変性症」は一般の生活習慣病と同様の要因が影響して起こるようです。加齢に伴う病気といえど、年齢だけが要因ではないことが分かります。健康的なライフスタイルを維持することで、老化のスピードも抑えられるのかもしれません。


    テリー・グロスマン先生プロフィール:
    1979年 フロリダ州立大学医学部卒業
    現在自身のクリニック「フロンティア・メディカル・インスティテューツ」での診療のほか、コロラド州立医学大学でファミリープラクティスの助教授として教鞭をとる。

    情報提供:ロート製薬 

    【目の健康 オススメ人気記事】
    1位: 「乱視とは? 自分でできるセルフチェック」
    2位: 「まぶたのピクピクを治すには?」
    3位: 「オフィスで1分!癒しの無料動画」
    4位:「3分間ツボ刺激が疲れ目に効く!」
    5位:「 【目の美容】あなたの目のくまタイプは?」


  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項