メグスリノキは、どんな木なの?

ところで、植物として「メグスリノキ」をみてみましょう。

メグスリノキは、日本特産で、山形、宮城県から四国、九州の山地で標高700m前後のところに自生する、カエデ属カエデ科の落葉広葉樹です。
学名は、日光で採取されたために、Acer nikoense Maximowiczと名づけられています。新緑の5~6月に黄緑色の花をつけ、秋には美しく紅葉します。そして、イチョウのように株にオスとメスがあり、高さが10mから25mにも育ちます。

そして、成分的に注目される木の部位は、樹皮です。灰褐色あるいは褐色で、この樹皮に有効成分のロドデンドロールが含まれています。このロドデンドロールの働きで、肝機能が高まり、解毒作用が活発になるといわれています。なお、煎じて飲んだときの苦味は、この成分によるものです。


ホントに実力があったメグスリノキ

日本で古くから民間薬として使われてきたメグスリノキですが、その実力はクローブ、ユーカリ、バナバなどといった欧米の植物やハーブにも負けないことが、前出の玉川大学農学部の八並一寿博士たちの研究でも明らかになっています。

日本特産の植物でもあり、今後、さらにその成分や効果のメカニズムが解明されて、より人々の予防医学に役立つ活用方法が研究開発され、普及することを期待したいですね。

※このページの画像提供:「イー薬草・ドット・コム」

【目の健康 オススメ人気記事】
 1位: 「乱視とは? 自分でできるセルフチェック」
 2位: 「まぶたのピクピクを治すには?」
 3位: 「オフィスで1分!癒しの無料動画」
 4位:「3分間ツボ刺激が疲れ目に効く!」
 5位:「 【目の美容】あなたの目のくまタイプは?」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項