出勤したくない朝、あなたならどうしますか?

寝起きの男性

憂鬱な朝。気持ちを切り替えて、ポジティブシンキングで出社する良い方法はないのでしょうか?

誰にでも出勤したくない朝はあるもの。とりわけ、楽しかった休暇の後は、そんな気分になってしまう人は少なくないでしょう。今回はgooによる「出社したくない朝。やる気を出すためにやることランキング」の集計データを元に、朝のやる気をアップさせる方法について考えていきます。このランキングのベスト10は、いずれも誰もがカンタンに実行できる定番の「やる気UP術」です。これらを私なりに分析しますと、「身体に刺激を与える」と「気持ちをポジティブにする」の2つのカテゴリに分類することができます。

■身体に刺激を与える
1位 コーヒーや紅茶を飲んで気持ちを落ち着かせる
2位 栄養ドリンクを飲む
5位 シャワーを浴びてリフレッシュする
7位 冷たい水で顔を洗う
8位 甘いものを食べる

■気持ちをポジティブにする
3位 お気に入りの音楽を聴く
4位 週末を想像する
6位 仕事が終わってからのことを想像する
9位 気合の掛け声を出す
10位 いつもよりオシャレな服や靴を身につける

憂鬱な朝でもすっきり目が覚める身体に良い刺激

コーヒー

食後には1杯のコーヒーを。この「一息」があなたを目覚めさせる

まず、「身体に刺激を与える」という方法について考えてみましょう。

即効性のある“眠気覚ましドリンク”としては、「コーヒー」「紅茶」「栄養ドリンク」がよく利用されます。コーヒー、紅茶には覚醒作用のあるカフェインが含まれていますし、栄養ドリンクにもカフェインが含有されたものがたくさんあります。ただし、これらを「起き抜けの1杯」にしないことが肝心! 空腹時のカフェインは胃を壊しやすいので、「朝食後のお約束」にしましょう。

また、食欲のない朝でも、少し口に入れておくとよいと言われているのが「甘いもの」です。糖分は、起床後の体には最適な栄養素なのです。起床後、だるくてやる気が出ないときには、チョコレートやバナナを少し口に入れるといいでしょう。甘いものはすぐにエネルギーに変わるため、朝の準備が楽になります。

朝、シャワーを浴びるのも、直接的に体を目覚めさせるのに最適な方法です。起床時は体温が低く、脳もまだ覚醒しきっていません。体温を上げるのに効果的なのが、熱めのシャワーを浴びること。疲れないよう5分程度でさっと終えるのがコツです。逆に洗顔は、冷たい水で行いましょう。顔や手など冷水で「局所」に刺激を与えることで、気分が引き締まります。

ポイントは、これらの出勤前の一連の動作を「無心」でやることです。ごちゃごちゃ考えずにまず行動することで、交感神経が刺激されて体が自然に活動モードに導かれていくからです。朝の調子を上げる方法については、「朝の調子をUPさせる3つの方法」も併せてご覧下さい。

次のページでは、気持ちをポジティブにする方法について解説します。