近年血糖値の抑制やコレステロール低下、肥満予防など、緑茶の成分が注目されています。今は新茶が出回る季節。新茶は、みずみずしい香りと味わいが楽しめますが、飲むだけでなくお料理としても楽んでみていかがでしょうか。飲むだけでは得られない成分も無駄なく摂取できます。

旨味成分の多い新茶が出回る季節

新茶衣の天ぷら
◆新茶衣の天ぷら◆
「夏も近づく八十八夜♪」という唄がありますが、八十八夜とは立春(2月3日)から数えて88日目の日を言い、春から夏に移る節目の日、今年は5月2日でした。昔から、この「八十八夜」に摘み取られたお茶を飲むと、一年間無病息災で過ごせるという言い伝えがあります。

お茶は基本的に年間に4回摘み取る時期があり、4月の終わりから5月中頃まで摘み取られるお茶を、その年の最初に摘まれるので、新茶あるいは一番茶と言います。お茶の葉は、冬の間に養分を貯えて、春に新芽を出すので、最初の葉を摘む新茶は、その後摘まれるお茶よりも、旨味のもとであるテアニンなどの成分も多く、香りもみずみずしいおいしいお茶になります。

緑茶の葉も食べれば、有効成分も無駄なく摂取

近年緑茶は、ビタミン等の栄養素が豊富に含まれる他に、カテキンやサポニンなどのポリフェノールなどに健康に有効な成分が含まれているということで、注目されています。水溶性のビタミンCなどは、お茶として飲んでも摂取できますが、脂溶性のカロテンやビタミンEは、お茶として飲んでも摂取できず、葉に残ってしまいます。

葉を食べれば、そうした成分も丸ごといただけるわけですが、茶葉を食べるにしても、その有効成分である苦みが気になります。今が旬の新茶は、旨味成分が多いので、より食べやすいと思います。

飲んだ後の茶葉を刻んでチャーハンに入れる、ふりかけにする等してもよいのですが、まず初体験は、失敗のない料理にしたいものです。揚げ物にすると食べやすいので、今回は茶葉を衣に使って、旬の野菜を天ぷらにしてみました。苦みもまったくなく、子どもでも食べやすいのでおすすめです。

飲み終わった茶葉を天ぷらの具にして揚げてもよいでしょう。無駄なく食べられ、生ゴミも減ります。


●Recipe●新茶衣の天ぷら

材料(4人分)
■天ぷら茶衣
 薄力粉・・・・・・・・・・・・ 1/2カップ
 緑茶葉・・・・・・・・・・・・ 大さじ2
 卵・・・・・・・・・・・・・・ 1個
 冷水 ・・・・・・・・・・・・・1/2カップ
■タケノコ・・・・・・・・・・・小1本
■空豆・・・・・・・・・・・・・約16粒
■ナス・・・・・・・・・・・・・1本
■揚げ油 ・・・・・・・・・・・・適量
■塩 ・・・・・・・・・・・・・・適量

作り方
1.新茶葉は、まな板の上にのせて、上からキッチンペーパーなどをかぶせてからめん棒をころがしながらよくつぶします。
2.ボールに、よく溶いた卵と冷水を入れて混ぜ合わせ、ふるった薄力粉、新茶葉を加え、さっと混ぜておきます。
3.筍はくし切り、空豆はサヤから出して薄皮もむいておきます。ナスは、輪切りにしてみずにつけてアクを抜き、水気を拭いておきます。
4.鍋に揚げ油を熱し、材料に衣をつけて、揚げます。塩をふって召し上がってください。



次回は、お茶の栄養や有効成分について、詳しくご紹介します。お楽しみに・・・。

■関連リンク
ヘルシーレシピ(食と健康)
お茶を使った料理たち(中国茶)

「食と健康」のメルマガは、毎月第1.3月曜日に発行しています。最新記事やおすすめリンクのお知らせ、食と健康に関わるイベント情報や、記事になる前のhotな情報など盛りだくさんです。ぜひご登録を。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項