夏も終わりを迎える頃、紫外線をいっぱい浴びた顔を鏡で見て、あらら、シミ?!、シワ?!  ガックリ・・・。なんてことありませんか。紫外線は、肌の老化の原因なのです。紫外線のダメージを受けたお肌の力を回復するために、オススメなのが「ブロッコリー」です。


ひどい紫外線は、シミやシワの原因の約8割りは紫外線。

普通肌の表面は、古い細胞から新しい細胞に生まれ変わるのに約28日かかります。でも紫外線はこの周期を狂わせてしまい、お肌の新陳代謝がうまくいかなくなります。

また紫外線を浴びると、カラダが防衛反応としてメラニン色素をたくさんつくります(肌が黒くなるのはこのため)。通常は、表皮の角質化にともなってメラニン色素が抜け落ちますが、日焼けがひどいとメラニン色素が真皮にまで色素沈着を起こしてしまい、これがシミとなるわけです。

さらに紫外線により増えた活性酸素は、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンを破壊してしまい、これが肌のシワやたるみの原因となります。 強い紫外線にあたると、肌が老化してしまうというのは、こういうメカニズムなのです。こわいですねー。

紫外線のダメージを受けたお肌に活力をくれる栄養

ビタミンAが不足すると、肌はカサカサになります。また、色素配列が不均一になり凝縮してシミも増えます。コラーゲンが減少して、エラスチンも分解されるため、皮膚の弾力、つまりハリが失われてしまいます。

若返りのビタミンとも言われるビタミンEは、血管や細胞の酸化を防ぎます。ビタミンA、Eとにも、活性酸素を抑制する働きもあります。

ビタミンCは、シミ・そばかすのもとであるメラニンの生成を抑え、美白効果が知られていますが、活性酸素を抑制し、コラーゲンの生成を活発にさせるなど、美肌に役立つ働きがあります。

また新陳代謝を活発にし健やかなお肌づくりのためにはビタミンB2やB6も必要です。

こうした栄養素・成分をすべて含んでいるのが、ブロッコリー!! さらに、ブロッコリーに含まれているフラボノールという成分は、紫外線で活性酸素が発生するのを抑制する抗酸化作用が期待できます。お肌のハリにかかわるコラーゲンたっぷり手羽先とブロッコリーを組み合わせれば、お肌のリペアにぴったりですよ。

下の食品等もお肌の元気づくりに役立ちますので、ぜひご参考に。


種 類 働 き 多く含まれている食べ物
ビタミンE体内の酸化を防ぎ、お肌をみずみずしくキープ小麦胚芽、植物油、アーモンド、ピーナッツ、うなぎ、緑黄色野菜など
ビタミンCメラニン色素の生成・沈着を防ぐ。肌のハリのもととなるコラーゲンの合成を促進する。トマト、パセリ、いちご、キウイ、ブロッコリー、ピーマン
ビタミンA皮膚や粘膜を保護し、代謝をよくする。肌荒れに効果。かぼちゃ、にんじん、ピーマン、ブロッコリーなどの緑黄色野菜、バターなど
ビタミンB2血液の循環をよくし肌を生き生きさせる。うなぎ、レバー、干し椎茸、さば、納豆など
ビタミンB6皮 脂腺の働きを抑え、代謝をよくする。レバー・くるみ・鰯・じゃがいも・バナナなど
コラーゲン皮膚・血管・骨・歯・腱などの結合組織の主なタンパク質。肌のハリを保つ。ひらめ、かれい、鮭などの魚、鶏手羽肉、豚足など


 
■関連リンク
日焼けについて
●<日焼け後のスキンケアを教えて!(女性の健康)
ブロッコリーのレシピ
れんず豆とブロッコリーとポテトのサラダ(おかずレシピ)
e.v.ブロッコリーで朝食(スタイリッシュレシピ)
活性酸素について
活性酸素を食べ物で退治!(食と健康)
抗酸化作用の成分について
ファイトケミカルに注目!(食と健康)
美容に効果のため食べ物
美容に効果のある食べ物(食と健康)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項