美白に役立つ栄養成分

よく知られている美白に役立つ栄養素とその働き、多く含まれている食品についてもご紹介しておきます。
 
栄養素 働き 含まれる主な食品
ビタミンC 活性酸素を抑える抗酸化作用がある。 ブロッコリー、芽キャベツ、ピーマン、カリフラワー、パセリ、レモン、キウイ、イチゴなど
ビタミンE 活性酸素を抑えるが自らも酸化してしまう。ビタミンCをともにとると還元される。 ごま、イワシ、シシャモ、ひまわり油、うなぎ、アーモンド、かぼちゃ
β-カロテン 活性酸素を抑える抗酸化作用がある。 ニンジン、ほうれん草、カボチャ、小松菜など
ビタミンB2 皮膚の新陳代謝を高める。 豚・牛・鶏レバー、うなぎ、いわし、ぶり、納豆など
亜鉛 新陳代謝に不可欠。 カキ、レバー、うなぎ、アマランサスなど
セレン 活性酸素を抑える抗酸化作用がある。 わかさぎ、いわし、かれい、小麦胚芽、玄米など
L-システイン(アミノ酸の一種) 抗酸化作用でメラニンの生成を抑え、できてしまったメラニンを減らす。 小麦胚芽、大豆、はちみつなど
 
ソラレン
きゅうりのスライスをお顔に直接張るパックは、日焼けの原因になることがあります。

美白に役立つ成分をとる時の注意

ビタミンCが豊富に含まれているレモンやパセリ、セロリなどには、紫外線の感受性を高めるソラレンという精油成分が含まれています(レモンは皮に含まれ、果汁には含まれていません)。直接パックするなど肌につけてもビタミンCは吸収されませんし、ソラレンが皮膚につくと逆効果になりますから気をつけてください。

β-カロテンは、生で食べるよりも、茹でたり、油と組み合わせた方が吸収がよくなります。

食事に気をつけるよりも、サプリメントで手軽に補給したくもなりますが、摂り方にはちょっとご注意を。一度に多量のビタミンCを飲んでも、水溶性ビタミンなのでとりすぎた分は排出されます。1日3回の食事に分けて適度に補給する方が効果的です。

またL-システインは、過剰に摂取すると逆に活性酸素が発生する場合もあります。またビタミンEは、ビタミンCとあわせてとることで効果を発揮しますので、単体の栄養素や成分のサプリメントだけを飲むより、いろいろな食品と食べ合わせる方が効果的だと思います。もしサプリメントを利用される場合は、商品の成分や、原料、製法等、きちんと理解して品質や安全性の高いものを選んでください。

■関連リンク
美容に役立つ食べ物について
美容に効果のある食べ物(食と健康)
カサカサ肌にうれしい食べ物(食と健康)
女性の美と健康の元おから(食と健康)
美肌と元気get! アボカドマリネ(食と健康)
夏に疲れたお肌をブロッコリー(食と健康)
活性酸素と抗酸化成分について
ファイトケミカルで免疫力アップ(食と健康)
活性酸素を食べ物で退治(食と健康)
ポリフェノールの仲間を知ろう(食と健康)

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項