いろいろなプレゼンの場で、スライドショーの途中でいったん中断し、デスクトップ画面に切り替えてからブラウザを起動して説明を続ける、あるいはエクセルのファイルを起動して説明を続けるというシーンを何度も目にしてきました。

スライドショーを中断すると、本来は見せたくないノートペインの内容やデスクトップの様子などの舞台裏が丸見えになってしまって、あまりスマートとは言えません。できれば、スライドショーを開始したら最後まで中断せずに進行したいものです。

では、スライドショーの途中で、ブラウザやほかのソフトを使って説明したいときはどうすればいいのでしょうか。答えはズバリ「ハイパーリンク」です。

今回はハイパーリンクを使って、スライドショーを中断することなくブラウザに切り替えたり、目次スライドをクリックすると目的のスライドにジャンプする仕掛けを作ってみましょう。

Webページへのハイパーリンクを設定する


最初に、スライド上の文字をクリックすると、自動的に指定したWebページが表示される仕掛けを作ります。まず、ハイパーリンクを設定したい文字をドラッグして選択し、ツールバーの「ハイパーリンクの挿入」ボタンをクリックします。

スライド上の図形やイラストにハイパーリンクを設定することもできる


「ハイパーリンクの挿入」ダイアログボックスが表示されたら、左側の「リンク先」が「ファイル、Webページ」になっていることを確認し、「アドレス」欄に表示したいWebページのURLを入力します。設定が完了したら、「OK」ボタンをクリックします。

アドレスに間違いがないかをじっくり確認しよう


そうすると、あらかじめ選択していた文字列に色が付き、下線が引かれました。これでハイパーリンクの設定は完了です。

ハイパーリンクの色は、スライドに適用しているデザインによって異なる



ハイパーリンクの確認はスライドショーで


設定したハイパーリンクが正しく操作するかどうかを確認するには、画面左下の「スライドショー」ボタンをクリックしてスライドショーモードに切り替えます。ハイパーリンクを設定した文字にマウスポインタを合わせると、手の形に変化します。この状態でクリックすると、ブラウザが自動的に起動して指定したWebページが表示されるのです。

マウスポインタが手の形に変わる部分にハイパーリンクタ設定されている

スライドショーの途中で、指定したWebページが表示された


Webページを使った説明が終ったら、ブラウザの「閉じる」ボタンをクリックすると、スライドショーの元の画面に戻ります。これなら、スライドショーを中断せずにWebページにスマートに切り替えることができますね。

なお、設定したハイパーリンクの内容を修正するには、ハイパーリンクを設定した文字をドラッグして選択し、ツールバーの「ハイパーリンクの挿入」ボタンをクリックします。

「ハイパーリンクの編集」ダイアログボックスが表示されたら、設定内容を変更しましょう。ハイパーリンクそのものを解除したいときは、ダイアログボックス内にある「リンクの解除」ボタンをクリックします。

ハイパーリンクを設定済みのときは、「ハイパーリンクの挿入」ダイアログボックスのかわりに「ハイパーリンクの編集」ダイアログボックスが開く


ハイパーリンクの色が気に入らないときはどうするの?