自己PRにうまく「壁を乗り越える力」を表現できない!

対課題基礎力
学生時代、たくさん失敗してきた。でもそれを乗り越えたからこそ、その力を伝えたい。しかし、それをどう表現すれば伝わるのだろうか?
今まで、意中の企業が求めている力が「コミュニケーション力」 「主体性・積極性・忍耐力」だった場合に、その力をエントリーシートや履歴書に書くコツを記してきた。

最後に、最も難しい力「壁を乗り越える力」を表現する方法を記しておきたい。

まず、「壁を乗り越える力」とは何だろうか。前回記したリクルートワークス研究所定義の「基礎力」に照らし合わせてみよう。
  • 対人基礎力
    • 親和力:一緒に働く仲間と信頼関係を築く。
    • 協働力:目標に向けてチームワークを発揮し仕事を進める。
    • 統率力:いわゆるリーダーシップ。組織全体を把握する。
  • 対自己基礎力
    • 感情制御力:感情に流されない。
    • 自信創出力:ポジティブシンキング。モチベーションを持続させる。
    • 行動持続力:率先して行動し、それを習慣付ける。
  • 対課題基礎力
    • 課題発見力:課題に気づき、整理する。
    • 計画立案力:課題を解決するための計画を立案する。
    • 実践力:立案した計画を実行する。
  • 処理力
    • 言語的処理力:文章の要旨を把握し、その目的を理解する。
    • 数量的処理力:計算する、グラフ表を読み取る。
  • 思考力
    • 論理的思考力:収集した情報を組み合わせ、分析し、構造的に理解する。
    • 創造的思考力:全くのゼロから思考する。オリジナリティな発想をする。
「壁を乗り越える力」は、「基礎力」の分類の中では、「対課題基礎力」に該当することがわかる。「対課題基礎力」は以下の三つの力に分類されている。
  • 課題発見力:課題に気づき、整理する。
  • 計画立案力:課題を解決するための計画を立案する。
  • 実践力:立案した計画を実行する。
何となく「対課題基礎力」とは何かが、見えてきたような気がしないだろうか。もう少し「対課題基礎力」への理解を深めてみよう。

※次のページで、「対課題基礎力」=「対人基礎力」+「対自己基礎力」であることを学ぶ!

※基礎力のうち、「対人基礎力」「対自己基礎力」「対課題基礎力」は面接やグループディスカッションで測定されることが多く、「処理力」「思考力」は、SPIなど筆記試験で測定されることが多い。よって、エントリーシートに書くべき自己PRは、「対人基礎力」「対自己基礎力」「対課題基礎力」を書きべきである。