履歴書やエントリーシートの自己PR300字対策ポイント

自己PRを300字で書くコツ!就活・エントリーシートに使える例文

「何を伝えたいのか?」がぼけてしまっていませんか。最も大切な「御社でやりたいこと」が抜け落ちてしまっていませんか?

履歴書やエントリーシートの広めの枠はおよそ300文字ぐらいだ。結構広い。さて、その大きなスペースに、みなさんはどうやって自己PRを描いていますか。

300文字は長い。よってあれもこれもとたくさん書くことが可能だ。でも逆に「何を伝えたいのか?」がぼけてしまっていませんか。最も大切な「御社でやりたいこと」が抜け落ちてしまっていませんか?

次のページに私の大学生時代を振り返ってみた自己PRを記してみる。
もちろん「現在の私」が書いたものだ。「学生の頃の私」ではない。

「100文字でも300文字でも、構成は同じで、シンプルなんだ!」

こう思ってくれたら、とても嬉しい。

 

自己PRの構成は常にシンプル。300文字でも複数のことは書かない

 
自己PR

300文字の自己PR(志望動機)であっても、100文字と同じく上の図のような3部構成となる。ついつい「また」「そして」を多用して複数のPRをしてしまいがちだが、それでは100文字の自己PRを3つ並べただけとなり、内容が薄くなる。折角の300文字スペース。300文字だからこそ詳しく書けるのだから、「あれもこれも詰め込もう」なんて発想はスッパリと捨てるべし。そして100文字ではスペース上書くことができなかった「御社でやりたいこと」を必ずラストに持っていくことこそ、最も大切なのだ。

では、私の大学生時代のアルバイト経験を元にした「300文字自己PR」の例をみてみよう。

 
自己PR
★ポイント★
  • 「1.メインコピー」は、「できること」を一言で伝える言葉だ。よって、「~する力」と書くのがスタンダード。よく陥るミスが、小説のタイトルのように、中身を読まないと意味がわからないコピーを書いてしまうこと。芥川賞や直木賞を目指してどうする? あくまでも自己PRであることを忘れてはならない。このことは100文字であっても300文字であっても全て同じだ。
  • 「1.メインコピー」はカギ括弧&アンダーラインなど、本文の要約であることがわかるように書くことが肝要。本文に続く前にスペースを空けると、より明確になる。
     
  • 「2.具体的エピソード」に力を入れよう。ポイントは固有名詞を入れること。今回は「コンサート照明」「開演時間」「ライト」「本番」「バレエ」「プリマドンナ」「ピンスポット」「野外ロックコンサート」「演目」というこのアルバイト独自の言葉を可能な限り入れ込んでみた。
     
  • 具体的数字を必ず用いること。「三日三晩徹夜で5000台」など。「何日も」「たくさんの」「多くの」ではぼけてしまう。
     
  • 「御社でも…」からが「御社でやりたいこと」。これを書かないと最も伝えたいはずの「やりたいこと」を伝えられなくなる。必ずラストに書くようにしよう。もちろん「フィージビリティスタディー」を行うことを忘れずに。
 
100文字も300文字も構成は同じ。シンプル!
そして「また」「そして」を使ってはいけないことが分かったでしょ?

みなさんも是非トライしてみてください!

【関連記事】




【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。