「収益から費用を引いた金額」が「利益」

あいまいになりがちな会計用語

あいまいになりがちな会計用語

収益とは会社に入ってくるお金のことです。売上がメインですが、ほかにも他社からの配当金や本業以外の細かい収入なども含まれます。これに対して、収益から費用を引いた金額を利益といいます。

おそらく実際のビジネスの現場では、「収益」よりも「売上」などの言葉のほうが用いられると思いますが、少なくとも、収益と利益の概念の違いはしっかりと理解しておく必要があります。

収益、つまり売上100万円のところを利益100万円と思い込んで社内資料を読んでいると、とんでもない誤解をしてしまうかもしれません。

会社員の家計にたとえると、給料の手取り額が収益、そこから住宅ローンや家賃、生命保険料、食費などを差し引いて最終的に自由に使えるお金が利益ととらえると分かりやすいかもしれません。

利益が大きければ大きいほどよいビジネス

案件A 収益(売上)1,000万円・利益200万円
案件B 収益(売上)200万円・利益100万円

案件Aと案件B、どちらが会社にとって魅力的でしょうか?

「案件Aの利益率は20%、案件Bの利益率は50%だからBの案件が魅力的」と答えるのは早計です。会社は儲けてなんぼですので、利益の絶対額が大きい案件Aの方が会社にとっては魅力的なのです。

極端な例ですが、ここで収益20円・利益15円の案件Cが加わったとします。利益率だけに着目すると、案件Aよりも案件Cのほうが魅力的なんてことになってしまいます。こうなると、この結論がおかしいことは直感的に分かるでしょう。

また、家計簿的感覚だと、手取り、つまり収益に目が行きがちかもしれませんが、会社の力を見るには、利益の金額もしっかりと把握しておく必要があります。

利益の種類もいろいろ

ここまで収益と利益の違いを見てきましたが、一口に利益といっても、いくつかの種類があります。

売上総利益
まずは、収益のメインである売上から、仕入れなどの原価を引いた売上総利益。常時仕入れ額以下で販売するような会社を除いて、売上総利益は黒字となります。

営業利益
次に、売上総利益から、人件費や家賃、光熱費などの諸経費を引いた営業利益。会社として最低限ここは黒字にしておきたい数字です。

■経常利益
さらに、営業利益から、本業以外の収益(受取配当金など)や費用(借入金の利息など)を加味して算出される金額が経常利益と呼ばれます。

■純利益
最後に、経常利益から突発的な収益や費用を加味して純利益が算出されます。

「利益」という言葉も部署によってとらえる段階が違ってきます。

営業部であれば営業利益が重要かもしれませんし、社長にとっては、最終的に会社に残る利益である純利益が重要かもしれません。細かい内容はさておき、各利益のレベルについて大まかに何を表しているのかを理解しておくだけでも、会社の数字の見方が変わってくるでしょう。


※2007年に公開した旧ガイド・森康博さんの記事を全面改定し掲載しています。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。