取引先の訃報や、社員の結婚式等、事務担当者が祝儀、不祝儀袋を用意する機会は多いと思います。
ケースに応じてどんな金封を選ぺばいいのか、表書きをどうすればいいのかは、マナー集等でもよく紹介されてますし、ご存知の方も多いと思いますが、ここで現実的な問題が…「どのように書くか」はわかっていても、字がヘタということはどうしようもない…。

もちろん正しく丁寧に書けば、失礼にはなりませんが、出来上がったものを見れば、ちょっと悲しい…ってこれは私のことです(字ヘタなんですよ~)。

ヘタな字を披露しなくて済む方法としては、「御祝」や「御霊前」等、表書きがあらかじめ印刷してあるものを買っておき、社名の部分は、筆文字のスタンプを作っておくという手もありますし、プリンタで印刷できるタイプの金封もありますが、やはりここぞという時には、筆で美しく書かれた金封を用意したいですよね。

そんな時、助かるのが「代書屋さん」
代書屋さんドットコムでは、 ネットで注文すれば、社名も表書きもきれいに筆書きされた祝儀、不祝儀袋を購入することができるのです。

私も友人の結婚式用に頼んでみました。
表書き、名前の他、包む金額を入力すれば、内袋に金額も書いてもらえます。

もちろん会社名でも注文できます。
気になるお値段は、シンプルな金封なら300円(税込)から。
10文字までの筆耕料が含まれています。それを超えると4文字につき100円。
手間や安心を考えたらそれほど高くないかもしれませんね。

*この記事でご紹介しているサービス内容および金額は、2004年5月現在のものです。あらかじめご了承下さい。


ところで、金封へ社名や肩書きを書くときって、どう書いていいか悩みませんか?
代書屋さんドットコムの店長、板崎浩一さんに、アドバイスをいただきました。

表書きと会社名の位置を揃て中央に。『株式会社』は少し右に。

会社名と代表者名等の個人名を併せて書く時は、名前を中央に揃えます。
肩書きは少し小さめに。

会社名が長い等で、行が増えそうな時は、
名前の上に肩書きを書いても良いそうです。
*あくまで見本です。実在の会社名および個人名とは関係ございません。



代書屋さんドットコム 
今回ご紹介したサービスの注文はこちらから。わからないことは電話でも相談にのっていただけます。

ご祝儀袋の表書きとマナー
不祝儀袋の選び方(弔問側)
どちらもAll About Japan『冠婚葬祭』ガイド記事から。マナーはこちらでチェック!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。