電話応対を考えるシリーズPART1【社員を狙う『アヤシイ電話】
…お読みいただきましたか?
まだでしたら、ぜひお読みいただきたいのですが、こちらでご紹介しました『同時多発TEL事件』のようなアヤシイ電話なら、対処はそれなりに簡単ですが、もっと困るパターンとして、例えば、名前を名乗らない方からの、


「社長さんいる?」

というのがあります。

「名前忘れたけど、総務のエライ人とかわって」

というのも…。

一般事務メールマガジン読者の方からも、こんな電話の対応に困ったというメールをいただきました。

名前も名乗らず、
相手「えーっと、総務の課長さん、名前なんていったかなあ。」

総務には部長はいますが、課長はいません。
私「え、課長はおりませんが」

相手「総務のえらい人いない?」
部長の間違いかと思いましたが、ちょっとあやしい。
私「名前がわかりませんと・・・」
相手「名前忘れちゃったんだよね。何ていう名前だったけね。総務のえらい人だよ。」
私「名前は申上げることはできません。」
相手「あ、そう」といって切れました。
(斉藤さま)

これは判断が難しいですね…。
斉藤さまも「部長の間違いだったのでは…」と悩んだそうで、こういう電話は、本当に後味が悪いものです。

一般的な電話マナーから考えても、マナー違反は先方です。本音を言えば、こんな電話のかけ方で取りついでもらおうなんて、
甘いわ無礼者!……と言いたいトコですが、
実務は、マナーブックの通りにはいきません。

一般に公開している電話番号か、取引先等一部にしか公開していないのか等々、会社の状況も関係してきますので、社内でこういった電話の対応のしかたは、あらかじめ決めておきたいものですが、他の会社はどうしているのか…気になりますよね。

今回は、メールマガジンを購読いただいてるNoriNさまが、
こういった電話に、どういう対応をしているかを、詳しくお聞かせ下さいましたので、ご紹介したいと思います。