「介護技術講習会」と介護職員基礎研修、
どちらを先に受けるべき?

実務経験が1年以上ある方で、介護技術に自信がある方は、どこかでうまく潜り込んで「介護技術講習会」を先に受けた方が得策。というのは、免除される科目があるからです。

免除されるのは、「介護におけるコミュニケーションと介護技術」という科目。本来、90時間も受講しなくてはならない科目です。

この科目、実務経験が1年以上あれば、2級ヘルパー修了の方と無資格の方は60時間が免除になり、30時間の受講ですみます(1級ヘルパー修了の方は実務経験の有無にかかわらずこの科目は受講全免除)。そして、基礎研修受講前に「介護技術講習会」を修了すれば、この30時間も受講免除になり、合計120時間の受講で基礎研修を修了することができるのです。

ただし、介護技術講習会は決して受講すれば誰でも修了できるという簡単なものではないようです。受講料が6~7万円もかかることですし、ある程度自信が付いてから受講されることをおすすめします。

これでこのシリーズは終了の予定でしたが、来週、これらの情報のまとめとして、現時点で考えられる、資格・実務経験別の介護福祉士取得最短ルートについて紹介したいと思います。どうぞお楽しみに!

記事をアップしたら、ガイドメールマガジンでお知らせします。
>>ガイドメールマガジン購読の登録はこちらから

※「介護・福祉業界で働く」のサイトでは、他にも介護・福祉に関するさまざまな情報を提供しています。
トップページから、さらに情報をゲット!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。