どんな職種?

●看護職員
【仕事】 入居者の健康管理、服薬管理、カルテ管理、医師との連携など、医療に関わるさまざまな業務の窓口となる。入居者の急変時の対応など、的確な判断と迅速な対応が求められるため、医療現場である程度の経験がないと難しい仕事である。

ほとんどの場合、1つのホームに1~3人程度の雇用。職員の多くを占める介護職との連携に難しさを感じる看護職も多い。

【勤務】 日勤帯(9:00頃~18:00頃)での勤務で、4週8休などのシフト勤務が多いが、土日休み、というホームもある。反対に、看護師24時間常駐をアピールポイントとしているホームでは、夜勤もある。

【採用】 正看護師、准看護師有資格者であることが要件。給与水準は医療機関に比べると低い。医療の診療報酬改訂後、医療業界での看護師求人難のあおりを受けて、いっそうの超売り手市場となっている。

●その他の職種
介護計画を立てる計画作成担当者、歩行や転倒予防体操などの指導、訓練を行う機能訓練指導員、入居者の持病や歯、えん下(飲み込み)の状態に合わせて食事の内容を考える栄養士、食事を作る調理師、事務職員、施設長など。


関連記事

↓↓職種から仕事を選ぶならこの記事↓↓
資格から選ぶ介護・福祉の仕事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。