誰もが気になるコンサルタントの年収

だれもが気になるコンサルタントの年収
コンサルタントの年俸はクラス(職位)によっておよそ決まる
ある雑誌の取材で「30歳でコンサルに転職したら年俸は、いくらくらいですか?」という質問がありました。
コンサルタントは高給取り、というのがみなさんのイメージだと思います。コンサルタントについて質問されるときに、2番目に多いのが給料のお話です(一番は当然仕事内容です)。

コンサルタントの給与は、高いといわれていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

先ほどの質問に戻ります。
この質問ですが、答えは難しいのです。
1000万ともいえますし、500万ともいえます。
幅が広いのです。

どうしてそのようなことになるのでしょうか。

それは、コンサルタントの年収は、日本企業で採用されているような年功ではないからです。

コンサルタントは年功序列とは無縁の世界


日本企業で採用されている年功的な給与体系ですと、入社何年目かという「年齢」の要素が一番重要になってきます。

1年ごとにベースアップがあり、だんだんと給与が伸びていくという体系です。年齢と給与テーブルがおよそ合致しているので、30歳だったらこのくらい、40歳ならこのくらいという具合に、だいたいの年俸はわかるのです。

その延長で、コンサルで30歳ならいくら? という質問なのでしょうが、残念ながらコンサル会社では、年齢と給与はイコールではないのです。

つまり、年功主義ではなく、実力・成果主義ということになっています。

コンサル会社における実力・成果主義というのは、コンサルタントのクラス(職位)にあらわれます。