コンサルに転職して給与は上がるか

現実を言えば、コンサルタントに転職して大幅に給与が上がるという人はまずいません。よほど前職の経験が豊富な人を除き、ほとんどが微増か、現状維持というところでしょう。

有名な商社や広告代理店などの人の場合、コンサルに転職しないほうが給与が良い場合のほうがほとんどだと思います。

では、それほどまでして、転職するメリットはあるのでしょうか。仕事で身につくスキルは別として、給与面だけでいうと、コンサルタントの場合、上のクラスに行けば行くほど給与はどんどん伸びていきます。この伸びしろが、コンサルで出世する魅力になります。

普通の会社では、幾ら給与水準がよい会社でも、2500万円クラスの年俸をもらうには、取締役・役員レベルまで出世する必要があります。

コンサルタントにおいてもパートナーという役員レベルまであがらないといけませんが、パートナーの年齢といっても40代の中頃が多く、一般の企業の役員の年齢と比べるとだいぶ若いイメージです。

コンサルの場合は、若いうちはそこそこの年俸ですが、出世次第では普通の会社ではなかなか手が届かないレベルの給与に手が届く、というところが魅力です。

パートナークラスへの昇進も実力主義ですから、実力さえあれば、高い年俸の実現は可能なのです。

給与だけを考えて、コンサルに転職する人も少ないと思いますが、努力して成果を出せば報われる土壌がある、というのは、この業界の大きな魅力となっています。


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。