プロジェクトの具体例

プロジェクトの具体例としては、次のようなものが考えられます。

「当社のITは、他社に比べて見劣りしているようだ。競合他社とのIT能力をベンチーマークして、IT能力が、当社の事業にとってどれほど競争インパクトになっているのか教えてほしい。その際にどのようにIT投資していけばいいのか、考え方を教えてほしい」

「非常に複雑なプロジェクトにおいて、経営者とベンダーの間に立って、プロジェクトが成功するよう、ベンダーセレクトから、プロジェクト中の諸問題もふくめ、CIOの片腕としてハンドリングしてほしい」

「銀行が、銀行を買収するのだが、IT統合が可能かどうか?また統合に対してどのようなリスクがあるのか、コンサルティングしてほしい」

「ある会社を買収したいのだが、この会社のITに問題がないか、現存のシステムはまだ使えるのか、それとも大規模な追加投資が発生するようなことがおきないか、事前のデューデリジェンスをお願いしたい」

といったものです。非常に興味深いですよね。学生の人気などをみても、IT分野のコンサルティング会社を敬遠する人もいらっしゃるようですが、今この分野のコンサルタントは非常にニーズがあって、引っ張りだこになっています。

経営者が抱えている問題は、マーケティングや、M&A、会計といったところだけではありません。IT分野でプロフェッショナルを目指す人がもっともっと増えてほしいと思います。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。