新卒入社のメリット・デメリット

■何が有利?
まず、新卒入社の最も有利な点は、ずばり「入社しやすい」ということに尽きるでしょう。大手のファームであれば、毎年50~100名単位で新卒を募集しています。

中途になって、年齢が上がれば上がるほど、条件はきびしくなります。実務経験ではなく、ポテンシャルで採用してくれる新卒採用という時期に、コンサルタントにならない手はないと思います。

コンサルタントの就職活動は毎年早く、3年生の10月ごろから始まります。すでに、最初のコンタクトが始まっています。就職情報の口コミサイトなどで情報をあつめてみてはいかがでしょうか。

■実務経験なくても大丈夫?
「最終的な目標はコンサルタントになることなんですが、やはり実務経験をつんでからコンサルタントになったほうがいいのでしょうか・・」
「新卒コンサルタントは役に立たないってきくんですけど・・・」

という質問もよく受けます。どういうわけで、そのような噂がながれてしまっているのでしょうか?本当に疑問に思います。なにより証拠に、たくさんのファームが何十人何百人と新卒採用をしているわけですから・・・役に立たない人を採用しないでしょう。

新卒でコンサルタントファームに入社し、第一線で活躍している方は、ものすごくたくさんいます。どの方も一流のコンサルタントです。実務経験がなくても、ちゃんと活躍できます。おそれずにチャレンジして入社試験をうけてみてはいかがでしょう。なにも遠回りしなくてもよいというのが私の考え方です。

回り道して実行力がない人より、とにかく正直に正面からダイレクトにチャレンジする、という人のほうが、実のところコンサルタントに向いている気もします。