コンサルタント転職はタイミングが大事

コンサルタント転職はタイミングが大事
コンサルタント転職はタイミングが大事です
コンサルタントに限らずですが、転職というものは、タイミングがとても大事です。
転職のタイミングというのは、転職をしたことのない方にとっては、あまりピンとこない話かもしれませんが、タイミングによって転職の成否、あなたの将来もまったく変わってきてしまうのです。

今回はタイミングを見計らって成功した事例のTさんについてお話します。
Tさんは、見事に時流をつかんで、よい転職ができた事例です。

グッドタイミングで成功したTさんの事例

Tさんは、国内の大手製造業の子会社で、社内のIT部門で、いわゆる社内SEをやっていました。その会社の業務は機器の販売がメインで、IT部門は決して花形ではありません。

しかし、Tさんは入社後一貫して社内のIT部門でキャリアをつんできていました。しばらくはウェブ系のシステムを作っていたのですが、運がよかったのは、入社後数年して、基幹システムのリプレイスの案件があったこと。

Tさんは、新しい基幹システムとしてOracleの期間システムの導入に携わりました。関連会社数社の原価計算プロセスを統一し、統合したシステムで扱うといったものです。

Tさんはこのプロジェクトで、管理会計・原価計算の知識を得て、また複数の関連会社の業務の統一という仕事をこなしました。
経験としてはなかなかいいのですが、基幹システムの経験はこの3年くらいでした。