日本人は比較的せっかちな国民かと思いますが、世界的にみてどうでしょうか?場所が変われば、時間に対する感覚も変わるもの。いろいろな国のせっかち度を調べた調査を見てみましょう!


「せっかち度」はどのように測る?
せっかち度世界一は?
せっかち文化とのんびり文化の徹底比較


「せっかち度」はどのように測る?

「せっかち度」はどのように測る?
アメリカに留学をしていたときに一番驚いたのは様々な国からやってくる留学生たちの時間感覚の違い。たとえば、アラブ系の友人と夜にクラブに行こうと約束をしたあの日。約束の時間10時を過ぎても一向に連絡がありませんでした。一時間経過して11時になり、電話をしてみたところ、「あ、これからシャワー。」とのこと(笑)。結局車で迎えが来たのは12時をまわっていました。

こんな風に、所変われば時間の感覚も変わるもの。この時間に対する「せっかち度」を調べた人がいます。英ハートフォードシャー大のリチャード・ワイズマン教授が都市住民の歩く速度を生活ペースの目安として「せっかち度」を調べました。

教授は各都市の成人住民35人に約18メートルを歩いてもらい、平均所要時間を調査したのです。さて、一位はどの国?



せっかち度世界一は?

ワイズマン教授の調査によると、最も速かったのはシンガポール(シンガポール)、コペンハーゲン(デンマーク)、マドリード(スペイン)の3都市だそうです。

実はこの調査、10年前との比較結果もでているのですが、なんとシンガポールが30%、中国の広州が20%も速まっていたことがわかっています。歩くスピードがそんなにも変わってしまうというのは、いったいどんな変化がその国に起きたのか興味がありますね!

また、速いと思われていた都市でもそうでもなかった、というケースがあり、たとえばニューヨークは8位、ロンドンは12位、東京は16位だったそうです。

ちなみに、最ものんびりしていたのはマラウイのブランタイアとバーレーンのマナマという町。

歩くスピードの比較をすることでせっかち度を考えるというのは面白い視点ですね!次のページでは、もうひとつ別の調査結果をご紹介します。お見逃しなく!