▼一般的な収入相場 企業内通訳で特定企業に雇われている状態でない場合、時間や日ごとにカウントされるのが一般的。報酬は、通訳者のスキルによってかなりの差がでるので、経験と実力が収入に反映する厳しい仕事でもあります。

例えば、入門レベルの、逐次通訳(相手が話した直後に訳す方式)であれば一日15,000円から25,000円程度が相場で、まだまだ固定の顧客がつくのは難しい状態です。それから逐次通訳でもう少し経験を積んで、一部同時通訳の能力も開発されてくると一日30,000円から50,000円程度の報酬が見込めるようになります。そして、さらに通訳者として10年以上の経験、ジャンルを問わない通訳技能などを身につけると一日50,000円から100,000円前後の収入になる可能性があります(参考:通訳者・翻訳者になる本 イカロスMook)。


今回の記事は英語通訳に関してでしたが、フランス語通訳、中国語通訳、韓国語通訳など他言語の通訳についてはさらにきまったプロセスというのは少なく、個人留学などを経たのちに一定の語学力を元に実務に入るということが多いようです。

通訳の仕事は語学能力を生かせる上に、異なる国の人や文化の橋渡しを実感することができる魅力的な仕事です。実際に仕事をとれるようになるまで時間はかかるかもしれませんが、まずはアルバイトでもボランティアでもよいので経験を積んでいくことが近道になるでしょう。

【関連リンク集】
憧れの仕事セレクション(連載) from All About Japan[海外で働く]
根強い人気!翻訳・通訳業 from All About Japan[海外で働く]


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。