今日から新しい派遣先。不安と考えるか、新しい経験と考えるか?

派遣に向いている3つのタイプとは?

前回の記事で派遣と正社員の賃金の差についてみてきました。
給与・待遇面では正社員のほうが有利、またやりがい・充実度といった面でも派遣よりも正社員のほうが満足度が高い傾向も見えてきました。

しかしながら、自ら派遣というスタイルを選ぶ人たちもいます。
派遣に向くタイプとは?


タイプ1:仕事・キャリア以外に自分の役割がある

まず1つめのタイプは、家庭や育児との両立のために派遣という働き方を選んでいる人。人生における仕事以外の役割があって、仕事中心ではなく家庭にも時間をとりたい。でも今までの経験を活かしつつ社会との接点ももっていたい、という人たちです。


タイプ2:将来のキャリアへの通過点として考える

もう1つのタイプは目標をもって派遣の期間をその通過点として捉えている人です。
将来通訳を目指して通訳学校に通っている、今のうちにたくさんの業界をみておきたい、など、契約期間の短さや、時間の融通性を上手に利用して将来に備えている人たちです。


タイプ3:プライベート重視、ストレスも少なく人生を楽しみたい

もう1つのタイプは、なるべくストレスがなく時間で割り切って働きたい、仕事より趣味などプライベートの時間を重視したいといった確固とした人生観をもっている人。

おおまかにこの3つのタイプの人たちが、派遣で満足しているようです。
この3つのタイプには共通している点が。