愛犬のために、トリマーの資格を取得!

―(ガイド)資格をたくさんお持ちですね。ベジタブルマイスターやテーブルコーディネーターの資格を取得され、ワインの勉強に、お料理教室とたくさん習い事をなさっていますね。

ひらめいたら行動にうつしちゃうタイプと言われます。興味を持つと、やりたくなっちゃうんですよ。
中島さん:仕事に専念するために、大学を中退してしまったので、今になって何か勉強したい、吸収したいっていう気持ちがあるんです。それで、家族の健康を考えて、野菜のソムリエの勉強を始めました。家族の健康管理にも役立ちましたし、お教室には、いろんな方がいらしてて、1つのことを同じ気持ちで来ているのが楽しくて前向きになれるんです。そこからいろんなことを勉強したいっていう気持ちが芽生えてきました。
―(ガイド)犬のトリマーの資格もお持ちだとか。

トイプードルを2匹飼っているんですけど、カットのためにトリマーに預けると帰ってくるまで1日がかりなんですよ。迎えに行くと、ケージに入って、「ママ~!」っていう目で私を見てる。かわいそうに思えてきて、じゃあ、自分でやっちゃえと、ペットスクールに通ってしまいました。主人からは、授業料を考えたら、トリミングに出した方が安いって言われてます(笑)。でも家で実際にやると、丁寧に乾かすと1匹1時間ぐらいかかるんですね、忙しくてなかなかできないときは、「かわいそうだから、トリミングに出しちゃう?」って言うと、さすがに主人も「ふざけるな」と。「だよねー」って(笑)。

中島はるみさんの今後は?

―(ガイド)お仕事的には、今後こんな風なことをやってみたいというのはありますか?

中島さん:コマーシャルなんかできたらいいなと思うんですが、今、『Mart』の雑貨の企画が、実は私にとっては大変な分野で。自分の責任を果たすためには、いろいろと勉強しなくてはいけないと思っています。空いている時間もいろんなお店を見て、吸収するようにしています。

将来は、10年後、20年後に主人とやりたいねって話していることもあるんです。それがまだ何かっていうのはわからないんですけど、「何か」やりたい。カフェに行くと、「カフェでもやる?」。ほかのお店で「おいしいね、このパン」っていうと、「じゃあ、ママもパン焼く?」。ペットスクールも行っちゃったし、「やっぱり犬関係?」って(笑)。ああして、こうしてって色々と話しているのが楽しいんですよね。

子どもの手が離れていくことでもあるので、これからまた、第一歩を踏み出せるかなと。今やっていることを将来につなげていきたいですね。



青山にて。偶然にもご近所同士、さらに同じ年、誕生月も同じだということが判明。
中島さんのプロフィールを拝見するまで、ガイドは自分より10歳ぐらい年下の方だと思っていました。同じ年齢と知って、びっくり。40代になってもこんなに可愛らしくいられる女性がいるなんて……。

これからのご活躍がますます楽しみです!
次回の記事は、2月3日(火)の予定です。大阪でネイルサロンを経営し、雑誌モデルとしてもご活躍の今岡梨恵さんのご登場です!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。