AさんとBさん
頑張っているからこそ思わず言ってしまうマイナスのひと言ってあるんです。
今回は実在する営業職の女性Aさんと、その上司Bさんのお話です。



Aさんは大学を卒業後、今の会社に就職し、営業経験5年。
重要顧客も任されるようになり、自分の成長も実感しています。

ところが、上司からの評価はいまひとつのよう。
ここ1年は、賞与の査定も自分の予想を下回り、納得できない状態が続いています。

なぜAさんは十分な評価を得られないのか。

彼女の評価について上司Bさんに話を聞いてみたところ、いくつかカギとなる彼女の発言が見えてきました。


「私は頑張っているんです」


仕事をしていると困難な局面に立たされることがあります。
それを打開するべく力を注ぐのは当然のこと。
そして、それでも上手くいかなかったときにどうするかがその人の真の力であり、そこでの行動が評価の対象となります。

そんなとき、Aさんはよくこう言うそうです。

「私は頑張っているんです」

その言葉の先にあるのは何なのか。

上司のBさんはこう話します。

「彼女が頑張っているのはよくわかるし、それを評価していないわけではないのです。ただ、『私は頑張っているんです』という言葉の先には、『だからなんとかしてください』、『だから私は悪くないんです』といった気持ちが見え隠れしてしまう。頑張っているかもしれないけど今はまだ困難な局面を打破できていないのだから、知恵を絞ってほしい。そこに物足りなさを感じてしまうわけです」


「それはわかっています」


Aさんが行き詰まっているなと感じたとき、上司のBさんは壁を乗り越えるためにアドバイスをします。

そして、そんなとき、彼女はよくこう言うそうです。

「それはわかっています」

この発言に対してBさんは…

「気持ちがあってもそれが実践できていなければ意味がない。だから敢えてそれを言っているのです。わかっているのにできないのであれば、どうしたらそれができるのかを考えてほしい。その答えが見つからなくて行き詰まっているなら、そこを一緒に考えたいのですが…」



Bさんのお話はまだ続きます>>次ページへ