上司が怒る、部下がしらける一言
何気ない言葉が相手をムッとさせたり、場をしらけさせたりという経験ありませんか?
コミュニケーションに関するスキルを上げるには、自分の発言に対する相手の反応に気づくことが必要です。
しかし、ビジネスの場面では相手も大人ですから、少々、ムッとしても顔に出さないという人も少なくありません。

そこで、まずは「上司」をやっている人たちにホンネを聞いてみました。


実はムッとする部下の一言は何ですか?

●「っていうか、これって××じゃないですか~」
理由はない。なぜかムカつく。
語尾を延ばされるともっとムカつく。
コレって、学生言葉でしょ?

●「私はちゃんと~していますから」
誰が悪いわけでもないけど、うまくいかないことってあるもの。そんなときに自分の正当性ばかり主張されるとうんざり。解決策を話し合おうよ。

●「だって」「でも」の連発
だだをこねる子どもじゃないんだから…。社会人なら正当な理由を語ってよね。

●「今やってます」「考えているところなんです」
おいおい、ホントかよ?
連発すると信用なくなるよ。

●「わかってます」
わかってるなら注意しないよ…。

●「~するつもりでした」
だったら言われる前にやれよ。

●「この間、こう言いましたよねぇ」
この前と状況が違うんだけどさぁ。

●「うん」
ムカつくというより、お客さまの前でもこう相づちしているかと思うとゾッとする。
そもそも社会人としてなってないよね。

●「私もそう思っていました」
その場しのぎでしょ!

●「私はぁー!」「私がぁー!
ハイハイ、君が優秀なのはわかったよ…。


「部下」をやっている皆さん、思わず言っちゃってること、ありませんか?