成功した先輩に学ぶ「営業」の基本

営業では、商品の説明をする前に、まずは「自分」がどんな人間なのかを知ってもらうことが大切
「営業」と聞いて、あなたはどんなイメージを持ちますか? できればやりたくないと思われがちな「営業職」。今回は特に「好きなことを仕事にしたい」と思っているみなさんへ、これまで「女性の仕事カタログ」でインタビューをしてきた方々のお話をもとに、「夢を叶えた先輩たちは、どんな営業をしてきたのか?」「そもそも、なぜ営業力が必要なのか?」についてまとめました。

「独立したい」「好きなことを仕事にしたい」と思っていらっしゃる方は、必見です。「やりたくない」では済まされない「営業」をクローズアップしてみましょう。

成功した先輩たちの営業方法とは?

■ポスティングもいとわないアロマテラピスト
外資系の航空会社に客室乗務員として勤務中にアロマセラピーを学び、その後独立。現在、アロマセラピーサロンを経営していらっしゃる庄司恵さんは、はじめてサロンを開いたとき、さまざまな「営業」をされたそうです。

例えば、サロンの存在を知っていただくために、手作りでパンフレットを作成し、アロマセラピーの仕事の合間、地図を片手に街中を歩き回り、ポスティング(パンフレットを1件づつポストへ投函していくこと)。すぐには思ったほどの効果は上がらなかったそうですが、それでもあきらめずにポスティングを継続した結果、少しずつ、確実にお客さまを獲得し、サロンの運営を軌道に乗せました。

営業の基本:地道な努力を惜しまないこと・あきらめないこと

■365日企画書を送り続けたライター
金融関係の仕事からライターへと転職を果たした、服部貴美子さん。人脈もないところからのスタートだったにもかかわらず、着実に階段を上り現在は多方面でご活躍していらっしゃいます。以前お伺いしたインタビュー記事でもご紹介したとおり、「はじめは自分が書きたいと思った雑誌の編集部に、毎日頼まれてもいない企画書を書いて送り続けた」というパワフルさ。また、「仕事がしたい」気持ちを、周りに伝えていることで、仕事が増えてきたそうです。

営業の基本:積極的に「自分」をアピールすること

■地域の掲示板や口コミで評判が広がったサロンアドバイザー
好きなことを仕事にした数多くの女性をご紹介する中で、注目度の高かった記事が「自宅開放型サロン」を運営していらっしゃる藤枝理子さんでした。はじめたころは、はじめは生徒さんがあつまらず苦労されたとおっしゃるサロンも、いまや予約待ちの状態に。ポスティングをしたり、フリーペーパーへ掲載するなどしているうちに、次第に口コミでサロンの評判が広がりました。

営業の基本:媒体へ掲載するための知識もあればよし

次のページでは、「営業力とは?」の疑問にせまります