ヒット商品「セグレタ」を生んだ海老澤香織さん

海老澤さん
海老澤さんが企画に携わった「セグレタ」は、1ヶ月で300万本を売り上げるヒット商品に。
美しいパープルが印象的な花王のシャンプー&コンディショナー「セグレタ」。皆さんの中でも「使ってる!」という方が多いのではないでしょうか。そのセグレタを開発した花王株式会社 ビューティケア事業ユニット プレミアム・ヘアケア事業グループ インバスグループの海老澤香織さんから、メッセージをいただきました。海老澤さんは、今年のウーマン・オブ・ザ・イヤー総合第5位を受賞されています。

「セグレタは、30代後半から40代の女性に使っていただくことを念頭に置いて、開発した商品です。最近の40代の女性は、おしゃれに積極的で、いつまでも女性らしさを忘れたくないという方が多いですね。子育て中は、なかなか自分のことをケアする時間も取れないという方も、だんだんと子育てから手が離れ、自分をケアする余裕が生まれてくると思います。それまでは、子どもと夫と同じシャンプーを使ってきたという方も、自分専用のシャンプーとしてセグレタをお使いいただきたいですね。」

「年齢を重ねた女性の美しさ」へのこだわり

海老澤さんと「セグレタ」
商品名の「セグレタ」は、イタリア語で「秘密」という意味。
セグレタには、大人の女性への憧れがつまっています。商品を開発するにあたって、私たちは、「艶」ということに非常にこだわりました。大人になるということは、年齢を重ねるということ、それは残念ながら同時に髪の艶が失われていくことにもつながるのですが、セグレタで「艶」のある髪を取り戻し、そして成熟した「艶のある大人の女性」として輝いていただきたいという願いをこめました。

「美しさ=若さ」ではなく、経験や知識を重ねた女性から、かもし出される美しさがあると思います。大人ならではの余裕や洗練をそなえた魅力ある女性がもっと増えて欲しいですし、私たちも目指していきたいと思っています。」

以上、海老澤さんのお話でした。年齢を重ねると、得るものもたくさんありますが、それと同時に見た目の美しさは、どうしても少しずつ衰えていきます。でもこうして、若い皆さんが、「大人の女性って素敵だな。年齢を重ねることは、悪いことでもないな」と思ってくださるのは、本当に嬉しいことだと思いますし、そんな素敵な大人の女性のお手本になるべく、私たちの年代の女性が努力しなくてはいけないのではないかと思います。

私も個人的に「セグレタ」のエキゾティックな香りが大好きで、母親や妻の自分から1人の女性に戻れる時間を楽しんでいます。海老澤さん、素敵なメッセージをありがとうございました。



さて今回は、授賞式の模様をご紹介しました。毎年、選ばれる受賞者の方は、みなさん輝かしい結果を生み出された方ばかりです。でも、「これから仕事を始めようという私には、関係ない。遠い話だわ。」なんて、思わないでくださいね。過去の受賞者の中には、専業主婦としての期間を経て、再就職し、努力を重ねて功績が認められた方もいらっしゃいます。仕事をずっと続けてきた方も、まさか「こんな賞をいただけるなんて思ってもみなかった」とおっしゃっていました。みなさん、最初の一歩を踏み出すところから、始まっているのです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。