人事担当者の話を整理すると、次の2つのポイントが見えてきます。

その1
「言葉(語学力)はあくまでも道具であり、それを使って何ができる人なのか」

貿易事務であれば語学力と同時に貿易に関する知識が必要、海外営業であれば語学力と同時に営業力が必要。語学力だけをアピールしても、人事担当者の心はあまり動かないようです。

その2
「海外経験によって何を得たのか」

海外で生活した場合、日本ではできない経験をすることも多いでしょう。それによって人は成長するはず。企業はそこに期待しています。海外に行く前と帰国後では自分がどう変わったのか。それを整理して面接に臨むといいでしょう。



<取材こぼれ話>
こんな海外経験者は困りもの!

アメリカで働いたことがあるAさんは、英語はペラペラだし、アメリカの商習慣もよく知っている。でも、何かにつけて
「私が経験したアメリカではね、こんな風にやってたのよ」
とあちらのやり方を押しつけ、まわりは困惑気味。ここは日本だし、うちは外資系企業でもない。いいところを取り入れて改善していくのはかまいませんが、度を超すとちょっとねぇ・・・。


せっかくの語学力や経験も、使い方を間違えると台無し。
気をつけましょう!




皆さんの声は、記事やメールマガジンでご紹介させていただきます。
(ご紹介する際は匿名で引用します。紹介して欲しくない話題が含まれる場合はその旨お書き添え下さい)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。