この記事はAll About編集部が作成しました


新しく仕事を始める人、異動などで新たな環境に移る人など、4月は始まりのシーズンですね!

そんな新たなオフィスライフを快適に過ごすための、常備しておきたいサポートグッズを紹介します。

快適なデスクワークのために常備したい置きグッズって?

All About Style Store
ひざ掛け1枚あると何かと便利ですよ。写真は「KLIPPAN/コットンひざ掛け」。
チーム・マイナス6%に参加して地球環境のため、はたまた予算のためなど、オフィスの空調があらかじめある特定の温度に設定されていて、調節できない、という方も多いのではないでしょうか? オフィスにいて最も困るのが、暖房・冷房の効きすぎ。 たくさんの人が働くオフィスでは、自分が寒いから、といって簡単に空調を変えてしまうことも出来ません。

そんな時に、役立つのが「ひざ掛け」と「カーディガン」。「ひざ掛け」は冬の寒さから、身を守ってくれるだけではなく、夏場の効きすぎた冷房など、デスク・ワークのお仕事だったら、1年中使うアイテムなので、用意しておくとなにかと便利です。

寒いときにさっと羽織れる「カーディガン」もあると便利ですね。色は、黒や茶色などの、ベーシックなカラーを用意している人が多いようです。

オフィスで靴を履き替えていますか?

ばっちりヒールで決めたけれど、1日中履いているのはつらい……。かといって、靴を脱いで、素足でいるというのも、ちょっと……。靴を社内で履き替える人、つまり「社内用の靴」を用意している人は、多いのでしょうか? (株)クラレが以前実施した「現代OLと靴」調査によると社内履き替え派が、なんと約半数に達するそうです。

サンダルや履きやすいパンプスなど、さまざまなものがありますが、かかとのないミュールはオススメしません。歩くときにパタパタと音がしたり、仕事をする場にはふさわしくない、ということで、禁止している企業も多いのです。ナースシューズやドクターシューズなど、体にいいものを履いている人が多いみたいですね。

それぞれの企業の規則にもよると思いますが、1足ベーシックなものを用意しておくことをオススメします。


「置きじゃけ」ってご存知ですか? これも用意したい! その他の便利置きグッズは次ページでご紹介します!