●ひとりぼっちであれこれ考えていませんか?

「私に向いている仕事って何?」
「私が輝ける場所はどこにあるんだろう」

自問自答して、自己分析することはとっても大切。でも、ひとりであれこれ考えて、狭い世界に入り込んでいる人も少なくないようです。ひとりであれこれ考えると、八方ふさがりのような気がして何もできなくなってしまうことも少なくありません。

そこで...

<提案1>
こんなことをやってみたい、
こんな風に働きたいとまわりに発表してみる


な~んだ、と思うかもしれませんが、これって意外に大事なこと。「こんなこと知ってるよ」「知り合いにあなたがやりたい仕事をしている人いるよ」と、情報が集まってくるきっかけになるからです。

たとえばこんな人がいました。



一般事務として働いていたI・Fさん(26歳)は大のジュエリー好き。お給料が入るたびにお気に入りのジュエリーショップに足を運んでいました。そしてある時、彼女は何気なくお店の人に言ったのです。

「私も大好きなものに囲まれて働きたいな」と。

「だったら転職すればいいじゃない」とお店の人。販売という仕事がどういうものなのか、お休みはどうなのか、お給料は。彼女はお店の人にジュエリーに関する仕事について教えてもらった結果、しばらくして転職。「転職してよかった」と話していました。




「いま、私はこう思っている、こう考えている」と発信すれば何かが返ってくる。そこでの出会いを楽しみましょう。


●自分の努力だけで乗り越えようとしていませんか?

石の上にも3年。たしかにキャリアを積むには努力も時間も必要です。でも、頑張りすぎは決していい結果をもたらしません。
時々、「私はこんなに頑張ってるのよ」と自分自身に酔っている人を見かけますが、そんな時、周囲は案外、冷静。それは、その人が一人で頑張っていて、成長する喜びを周りと共有していないからです。そうやってどんどん一人の世界へ入っていくと、情報は逆に遠のき、チャンスを逃がすことにもなりかねません。

そこで...

<提案2>
一緒にがんばる仲間を見つけて、成長を共に楽しむ


人間、誰かと一緒にがんばる方が楽。そして、楽しくがんばっている人にはチャンスが訪れるものです。


●ゴールへのルートを探そうとしていませんか?

目標が見つかった人にありがちなのが、目標達成に向けての計画を立てようとすること。
たとえば、半年後に資格を取り、転職。そこで経験を積んでフリーランスになれば、結婚しても家庭と仕事を両立できるはず…。でも、何かと計画通りに行かないのが人生。計画を立てるのはいいけれど、それにしがみつき過ぎるとその通りに行かなかった時にしんどい思いをすることになると思います。

そこで...

<提案3>
予想外の出来事には逆らわず、
その時々でベストと思う選択をする


自分のまわりも世の中の環境も刻々と変わっています。だから、先に決め込んでも無駄。その時々に下す判断がベストだと考えると気が楽になるでしょう。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。