child
出産後、子育てに入った段階での「働きやすい会社」の条件とは?

「働きやすい会社」とは?


結婚や出産、子育てと、人生においていろいろなステージを経験する可能性がある女性にとって、働きやすい会社を見つけるのは簡単なことではありません。

そのなかでも、仕事と子育ての両立は大問題。

そこで、 出産後も仕事を続けたい人にとって働きやすい会社とはどんな会社か、を考えてみました。

女性だけでなく男性も有給休暇を取れたり、産休中や育休中に法定以上の所得保障がある、育休からの復帰後の勤務時間の短縮など、制度面で仕事と家庭の両立を支えてくれる会社も頼りになりますが、こうした制度の充実だけに目を向けると、どうしても中小企業は大手に比べて見劣りがしがち。

やはり、中小企業よりも大手企業のほうが、仕事と家庭を両立しやすいのでしょうか。



私が出会ってきた女性の中に、こんな人がいました。
Aさんは、育休を終えて職場復帰した後、転職をしています。

彼女が勤めていたのは、名前を聞けば誰もが知っている大手企業。
育児休業も本人の希望によって取得することができるし、そのほかにも様々な制度が整っています。環境としては恵まれていると言えるでしょう。そして、こうした制度を上手く活用して、子育てをしながら大活躍している女性もたくさんいます。

ところが、彼女はこう話します。

「たしかに制度面では恵まれていると言えると思います。でも、育休明けに以前と同じ職場に戻れる保障はないし、ポジションがなくなっていれば、育休明けの女性ばかりが集められたような部署に配属されるんです。なんとなく、復帰を歓迎されていないような気がしました」

大勢の社員がいることにより、制度に則って十把一絡げに動かされてしまう(会社もそうせざるを得ない)という現状が見えるような気がします。

次のページでは、制度とは異なる視点で、働きやすさを考えてみましょう。