インターネットで何かを調べても
電車にのっても
新聞をみても

とにもかくにも、街は転職に関する広告だらけ!とくに最近は、転職サイトと並んで、人材紹介会社(転職エージェント)の広告が増えています。とはいえ、たくさんある人材紹介会社(エージェント)から、どこを選べばいいのかなんて、わからないものですよね?また、そもそも、人材紹介会社を使うことが転職にとって本当に有利なのかどうかも気になるところです。

今回は、人材紹介会社の立場でみなさんに、人材紹介会社の「本当のところ」をお教えします。

自己応募(直接応募)のほうが有利!?

直接応募と、エージェントを利用した転職。有利なのは、さてどっち…?
直接応募と、エージェントを利用した転職。有利なのは、さてどっち…?
さて、人材紹介会社を使うと、採用する企業側には、当然お金がかかります。ということは、単純に考えると、企業サイドにとっては、直接応募をしてもらったほうが、トクになると考えられます。つまり、直接応募してくる人のほうが、転職先に余計なお金を遣わせないので、一見、有利に思えてきます。

私自身も、前職の人材紹介会社(インテリジェンス)に入るまでは、そう思っていました。なので、一番賢い人材紹介会社の使い方は、人材紹介会社で案件だけきいて、あとは自分でHPからエントリーしたり、手紙を書いて応募すればいいのだと思っていたのです。

しかし実際は、企業には沢山の応募者がくるので、その精査だけでも大変!とても全員には会えません。また、全員分の応募書類に目を通すのも、なかなか至難の業と言えるでしょう。ということは、つまり、人材紹介会社に、欲しい適材だけにスクリーニングをしてもらって、自社にあった人にだけ会ったほうが、余計な手間暇を省けるというわけです。企業側としてみれば、直接応募の煩わしさに比べれば、多少のお金を支払ってでも、絞り込んだ人材に会いたい、というわけです。

次のページでは、人材紹介会社の選び方を伝授!必見です。