(2005.10.04)

2005年12月に結党50年を迎える自由民主党。先進国でもまれなこの長期政権政党の歴史を振り返りながら、戦後政治のあゆみ、そしてこれからをみつめていくシリーズを展開していきます。

※タイトル・内容は変更になることもあります。

第1章 55年体制の確立

自民党結党前夜の激しい主導権争いから、自民党長期政権の確立までをみていきます。

(1)吉田・鳩山「5年戦争」
(2)岸「逆コース」の挫折
(3)長期政権化とそのひずみ

吉田と鳩山の激しい権力闘争の末、勝利した鳩山、岸を中心に保守合同が実現。巨大与党となった自由民主党は「対米一辺倒」の吉田路線から「自主独立」を勝ち取ろうとするが……初期の自民党の「離陸」から「安定飛行」までの道のりを解説します。

第2章 「三角大福中」の抗争

ポスト佐藤をめぐる田中と福田の抗争。これに、新勢力の台頭も加わり、自民党はゆれる70年代を迎えることになります。

(4)角福戦争〈1〉ポスト佐藤
(5)角福戦争〈2〉ロッキード
(6)角福戦争〈3〉四十日抗争

ポスト佐藤をめぐって始まった田中・福田の抗争に田中の盟友・大平も加わり激しい抗争へ。そして田中の栄光と挫折、ロッキード事件。自民勢力は後退し、分裂の危機を迎える。70年代の「三角大福中」の抗争とは。

第3章 自民党政治の安定と膠着(こうちゃく)

80年代に入り、再び自民党政権は安定し、抗争の主体だった「派閥」は「システム」として定着します。80年代の自民党政治を見ていきます。

(7)派閥=族システムの完成
(8)田中の「死」、中曽根裁定
(9)経世会支配とその崩壊(2006.02.14掲載予定)

再び安定政権を取り戻した自民党は、派閥抗争から党内融和へと舵を切る。派閥は抗争の主体から自民党の「システム」として確立し、族議員政治も同時に確固たるものとなる。「恒久政権化」した80年代の自民党を解説します。

第4章 55年体制の崩壊と連立政権時代

1990年代始め、自民党単独政権時代は終わり、55年体制は幕を降ろします。自民党は、社会党と、そして公明党と連立政権を組むようになります。

(10)小沢一郎と総与党体制
(11)「橋本構造改革」の挫折
(12)自公連立と「参院自民党」の台頭

政治改革のかけ声とともに自民党単独政権はあっけなく崩壊し、共産党以外のすべての政党が与党経験を持つという「総与党体制」へ。一時は復調するかに見えた自民党も、橋本改革の挫折で単独政権をあきらめ、連立政権が恒常化。90年代の自民党をみていきます。

第5章 21世紀の自民党 次の「50年」はあるのか

小泉政権の誕生によって、自民党は大きく変ぼうします。派閥の勢力はちょう落し、そして空前の権力を持った総裁が誕生……これからの展望もふまえながら。

(13)小泉政権の誕生と派閥の崩壊
(14)自民党の「これから」~巨大与党のあした~
(15)資料編 年表、派閥の系譜など

90年代の政治制度改革から、実は静かに進んでいた権力の移行。派閥の求心力は薄れ、党中央に移っていく。そんななか、熱狂的ブームで始まった小泉政権が、この流れを加速させていく、そんなここ数年の自民党を追っていきます。

▼こちらもご参照下さい。
大人のための教科書 政治の超基礎講座

動画で学ぶ 政治経済基礎講座

「政治の基礎知識・基礎用語」 政治の基礎的な知識はこちらでチェック!

◎自民党は変わるのか、変わったのか……ふりかえりつつ考えていきましょう。


(c)東京発フリー写真素材集)