1993年:「うそつき解散」で、38年ぶりに政権交代!

嵐
2大政党制の潮流の中、解散総選挙は、政界再編の嵐の幕開け?
写真提供:フリー画像素材EyesPic
1993年7月7~9日、またまた東京で行われたサミット。バブル崩壊後、「失われた10年」(景気低迷期)に突入した日本を初め、G7(※)諸国の大量失業や景気回復の遅れへの対応などが話し合われました。
※ 先進7カ国。メンバーは、日本、アメリカ、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、カナダ。Group of 7の略称。

一方、サミット直後に行われた第40回総選挙で、自民党は過半数割れ! 38年ぶりに政権交代が実現し、翌8月、7党1会派から成る細川連立政権(非自民)が誕生しました。解散前の宮沢(喜一)内閣は、政治改革を公約として掲げたものの、結局実現できず、野党提出の内閣不信任決議(※)案可決により解散! そのため、「うそつき解散」と不名誉な名前を頂くことに……。
※ 衆議院で国会が内閣を信任しないことを表明する決議。可決された場合、内閣は衆議院を解散するか、総辞職しなければならない(憲法第69条)。

2000年:失言続きの森内閣は「神の国解散」!

2000年7月21~23日の九州・沖縄サミットは、沖縄で開催。来たるべき21世紀に向け、世界の繁栄と安定を目指そうと、各国首脳でメールのネットワークをつくることになりました。一方、その約1ヶ月前に行われた第42回総選挙では、当時の森首相の失言がひびいたせいか、自民党の獲得議席は大幅減! 問題となった失言は、ある会合で口にした「日本の国は天皇を中心とする神の国である」という一節。これでは、支持率が一桁台にまで落ち込むのも当たり前?!

次期総選挙は、日本政治のターニング・ポイント?!

さて、こうした過去の法則に従うと、次期総選挙は、洞爺湖サミットが予定される2008年ということになりますね。そして、その最大の焦点となるのが「政権交代が起きる?」。そう言えば、11月24日に行われたオーストラリアの総選挙では、野党・労働党が約12年ぶりに政権を奪還! 14年ぶりの「挑戦」となる日本は、果たしてどうなる? 政界再編のうねりも見え隠れする次期総選挙は、日本政治にとり大きなターニング・ポイントとなりそうな予感がします。

【関連サイト】
●All About「よくわかる時事問題」のサイト
疑惑の人物「守屋前次官」ってどんな人?
話題の「テロ特措法」とは、どんな法律?
福田内閣の「注目大臣」はこんな人!
与野党激突!「年金問題」は今後どうなる?
安倍新政権の「目玉政策」って何?
「ポスト小泉」候補、「裏の顔」を覗いた!
一発逆転、政治家になる「必殺技」教えます
「気まぐれ無党派」に注目!自民圧勝の背景
政治・選挙・税財政・少子高齢化のニュース

●その他のサイト
100年後の歴史小説(過去の総選挙やサミット情報など)

【ニュースをいち早く知りたいあなたへ、お得な情報!】
「よくわかる時事問題」サイトでは、新着記事をいち早く知りたいあなたのために、ガイド記事の更新案内を月2回メールマガジン(購読無料)でお届け中。ぜひ、ご登録ください!登録はこちらをクリック→ ガイドメールマガジン登録
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。