あと「ひと言」が足らなくて、大事な関係にひびが入ってしまった。その「ひと言」が言えなかったために、誤解されたり、うまく伝わらなかった。そんな経験はありませんか? 思わず意図していない状況に陥ってしまったとき、「ひと言」の重要性を感じたりします。 あとで冷静に考えると気づくことも、とっさに出来ないこともありますね。今回は、ひと言を加えることで一歩リードできるポイントをご紹介します。

こんなときに、もう「ひと言」!

ひと言たらない
会話の相手が、まず聞きたいことは何か、と考えましょう。
上司や先輩との会話をするとき、また取引先との仕事のやりとり、トラブル処理のときなど。あと「ひと言」があれば違っていたな、という場面があります。

たとえば、入社3年目のA君の会話はどうでしょう?

●1.取引先へ営業に行き、会社へ戻ってきました。先方の感触もよく、この仕事はうまく進みそうです。これを上司に報告するときに……。

「○○部長。今日、○○会社に伺い○○の案件について打合せをしてきたのですが、とても興味を持っていただき、うまく行きましたのでご報告します。」

●2.他の部署から頼まれた仕事が、急な仕事が入って約束の期日に納品出来なくなってしまいました。やはり先輩の指示を仰ごうと伝えたときに……。

「○○さん。実は○○からお願いされた仕事なのですが、今週納品しなければならなかったのですが、来週になってしまいそうです。なぜなら急な仕事が入り優先しなければならなかったので……」

●3.久しぶりに同僚のB君と飲みに行こうということになり、二人で居酒屋に。お酒も入って饒舌になり、A君の好きな映画の話をするとき……。

「この前見た映画だけど、すごい面白かったよ。主役の○○も良かったし、迫力があって、久しぶりにいい映画を観たと思った!」


このA君の会話には、加えたい「ひと言」があります。
次のページで、どんな「ひと言」を添えたらいいか、具体的にご紹介します。