ECO対策も万全、しかも節約にもなると思っていたことが裏目に出てしまったなんてことは、ありませんか?「そんなつもりじゃなかったのに……」という例をご紹介しましょう。

FAXでの失敗

画像名
裏紙を使って、社外にファックスする時などは、注意して。
・ファクスを送るのに裏紙を使ったら、もともとあった裏の文字まで透けて先方に届いてしまい、送信相手から「読めません!」と苦情がきた。

・紙の使用枚数を節約しようと、A4用紙1枚に文字の大きさを小さくして、ぎっしりと打った一面文字だらけの文書をファックスを送信したら、文字がつぶれて読めないと先方から電話が入った。

■解説
一度コピーした用紙や、書き損じた紙を捨ててしまわずに、ちゃんと使うのも、ECOと節約の第一歩。社内文書やメモ用紙などで使うには問題ありませんが、相手がいるファックスや社外文書などに使用するのは、ビジネス・マナー違反。上に挙げたような失敗が起こります。

また、1枚の紙に文字をぎっしり詰め込んだ文書は、ただでさえ読みにくいもの。ファックスを通すと、さらにインクがにじんで読みにくくなります。ファックス文書の場合は、文字を少し大きめにして行間も少し広めに取る配慮が必要です。ファックス1枚で、「一体、どんな会社だ!?」と評判を落としかねませんから、注意しましょう。

お茶出しでの失敗

画像名
コーヒー・紅茶のしみがついたり、使いまわしてヨレヨレになったスティックシュガーをお出ししていませんか?
お客様に、コーヒーをお出しする際、ミルクとスティックシュガーを添えて、上司の分も一緒に応接室へ。ところが、お客様がお帰りになった後、上司は怒りでカンカン!話によると、上司に出したコーヒーのスティックシュガーの包みに、コーヒーのしみがついていたのだそう。「これが、お客様にお出ししたものだったら、どうするんだ!」と大目玉をくらった。

■解説
お出ししたコーヒーのスティックシュガーは、お客様が使わなかったら、捨てずに取っておき、次回に使うのは問題ありません。でも、いくら使っていないスティックシュガーでも、お客様がコーヒーがこぼして、しみがついていないか、または、破れていないかなどは、ちゃんとチェックすべき。いくら使っていないからと言って、汚れたもの、またはよれよれになったものをお出しするのは、マナー違反です。

電気を消すタイミングでの失敗

会議が終わり、入り口に一番近い私が、電気をパチリと消した。ところが、「まだ中に人が残っているじゃないの! 失礼でしょ!」と先輩が血相を変えて怒っている。

■解説
会議が終わり、なるべく早く電気を消そうという姿勢は、良いのですが、まだ人が会議室にいる、特に社外のお客様がまだいらっしゃるのに、電気を消すのは、マナー違反です。電気を消すのは、どなたもいなくなったことを確認してから。これは、家庭でも同じですよね?

時間がもったいないので、電話をしない!?

画像名
時間の節約は大切なことですが、「気持ち」まで節約してはあなたのマイナスイメージに。
訪問先との約束の時間に遅れそう。でも「電話をかけている時間がない!電話をかける時間があれば、先方に向かおう」と猛ダッシュ。先方には、約束の時間の10分遅れで到着。さらに、スーツもよれよれ。

■解説
時間の節約もほどほどに。遅れそうな場合は、必ず途中で連絡を入れるべきです。連絡をしないで、遅れるよりも、少しゆっくり歩きながらでも「申し訳ございません。10分ほど遅れます」と連絡を入れたほうが好印象ですし、先方もその10分の間にあなたがいつ来るかとやきもきすることなく、他の仕事を片付けることができるかもしれません。

「ECOと節約」自体は、もちろんとても良いことです。でも、それで取引先の方やお客様にご迷惑をかけたり、自分自身の印象を下げてしまうことがあっては、いけません。ビジネスマナーと節約の関係、よく考えてみましょう。


■All Aboutビジネスマナー関連記事
これだけは知っておきたい、オフィスの敬語
ちゃんとできてる? 電話応対

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。