3.移動時間を体力維持強化の時間に

移動時間を活用し、体をマネジメントせよ!
個人差はあれ、会社に辿り着くまでは徒歩の時間があります。往復で足しこんでいけば、1日20分~60分程度ではないでしょうか?これを活用しない手はありません。有酸素系運動を意識したウォーキングを心掛けるのはいかがでしょう。

20代のビジネスパーソンは非常に忙しい時期で、なかなか運動する時間を作ることは難しいようです。だからこそ、この必須時間帯を有効に活用するのです。企業内研修等で受講生にお話を伺いますと、若手でも10名に1~2名はこの時間帯を有効に活用されています。

例えば、
・駅のエスカレーターやエレベーターは決して利用しない
・姿勢を良く、少々速足で歩く(有酸素系運動を意識して)
・1日の歩く量を考え、足りない時は帰宅時、一駅前で降りて歩いて帰る
ようにする
・目標管理をするため、万歩計を携帯する

などの行動習慣が確立されているようです。

ものの本によれば、オフィスワークをされる事務職の方で1日平均6000歩だそうで、ガイドである私の経験値では、2件の企業へのアポイントメントがあれば、1万歩を越える計算です。

■明日からできるお薦めの行動習慣3
通勤などの移動時間を利用し、平日は1日1万歩の励行を!


以上、出社前を中心に、明日からでも可能な行動習慣を3つ提示しました。なるほど!と、同意いただければ、是非とも新しい行動を始め、習慣化下さい。次回 は引き続き、昼食時の行動習慣を示していきましょう。

■関連記事
<成功キャリアを作る時間術> 
成功キャリアはランチで黄金人脈を作る(第2回) 
成功キャリアは夜にスキルアップする(第3回) 
「ずらし」をキャリア開発に活用せよ! 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。