メンター・Mentor】 良き助言者、指導者、顧問という意味。ギリシア神話に登場する賢者「メントール」が語源。オデュッセウス王の友人で助言者、王の息子テレマコスの師も務めた

メンターとは?

メンター
経験豊富なメンターはあなたの大きな味方になってくれる
メンターとは「助言者、師匠、教育者、後見人」という意味で、仕事やキャリアの“お手本”となり、あなたの味方になってくれる人です。経験豊富なメンターに、継続的な支援を受けることを「メンタリング」といいます。

キャリアという長い旅路で、優れたメンターとの出会いは、かけがえのない財産になります。それは次のようなサポートが受けられるからです。

「メンターの役割」
・自分のキャリアパスの参考になる
・仕事やキャリアで迷ったとき相談に乗る
・成功のイメージを具体的に見せる
・キーパーソンを紹介
・自分を他人に売り込む
・有益な情報を与える
・仕事のチャンスを与える
・周囲からの攻撃から守る
・自分によい影響を与える
・仕事に対する姿勢や考え方を教える
・仕事の楽しさを教える
・人としての生き方を教える           など

メンターは誰でもよいわけはありません。上記の役割を果たせるだけの「人間的魅力」があり「知識・経験豊富」な人で、お互い信頼関係を築ける存在であることが重要です。

社長もメンターが必要

アメリカのベンチャー企業の経営者は“タイガーセッション”と呼ばれる「メンタリング」を受けるそうです。なぜ“タイガー”かというと、先輩経営者や経営のプロがメンターとなり、その経営者を血みどろになるまで“噛み付く”からです。普段、周囲に厳しいことを言ってくれる人がいない孤独な経営者、だからこそメンターを必要とするのでしょう。

メンターと呼べる人いますか?

メンターとなる人の多くは職場の上司や先輩ですが、ここ数年、職場の「タテの人間関係」が弱まった結果、いい先輩や上司とじっくり話す機会が少なくなりました。メンタリングの基盤はお互いの信頼関係ですが、そこまで踏み込んだ人間関係を築くのは、難しい状況になっているようです。

>>>いなければ探そう! ガイドのメンターとの出会い>>>