次世代光源


写真1.ライティングフェア2009有機EL展示会場風景
有機ELという言葉を耳にしたことはありますか?現在は薄型テレビのディスプレイや携帯画面などのバックライトとして普及しているため電化製品のイメージが強いかもしれません。しかし、今後は一般照明用光源としても期待されており、3月のライティングフェア2009や4月に開催されたファイン・テックジャパンでも次世代照明として注目されていました。

有機ELとはオーガニックエレクトロルミネッセンスのことで、発光性の有機物が電気の刺激によって発光するシステムです。有機ELの特徴は、0.1ミクロンという薄さ、多彩な発光色、曲げ加工が可能なこと、大面積の面発光ができること、低消費電力のため省エネルギー、などが挙げられます。

また、発光効率の向上や長寿命化の実現に向けた研究も進んでおり、新光源として一般化する期待が高まります。


写真2.有機ELパネル
有機ELの光は均一な拡散光で、例えば蛍光灯の乳白カバー付きシーリングライトのように柔らかな光で空間全体を照らすことを可能にします。これに対して、LEDは指向性が強くスポット的な光を得意としているため、用途に応じて使い分けることで、照明効果を高めることができます。

光のもつ波長を長さごとに分解(分光)したものをスペクトルといいますが、有機ELはその発光スペクトルが太陽光と近いため、ものや色がより自然に見えます。

次のページではライティングフェアで提案されていた有機ELの照明器具(試作品)をご紹介します。