日本の冬は寒い

・魔法ビンのように保温性のある家づくり
昔の日本は夏を中心とした開放的な家づくりをしていましたが、現代の家はそうはいきません。そこで適切な断熱と気密で閉じた家づくりをしなければなりません。つまり、壁・屋根・床などを通して逃げる熱を遮断するわけです。天井・壁・床・窓からの逃げを抑える「断熱化」と隙間からの熱の逃げを抑える「気密化」です。特に冬は窓から40%近くの熱が逃げるので、複層ガラスや樹脂サッシにすると効果的です。

断熱方法には、外断熱、内断熱、さらに断熱材には、繊維系や発砲プラスチック系などの種類があります。それぞれ長所・欠点があり、施工に不具合があると壁内に結露が起こったりするので気をつけましょう。

家も魔法ビンと同じように保温を高め、冷えにくい家にすると快適ですね。

高断熱・高気密住宅はクーラーの効きもよい

冬場の熱の流出割合


暖かい家は、断熱・気密・換気が大事!→次のページへ