大西洋沿海州(ニュー・ブランズウィック州、プリンス・エドワード島州、ノバ・スコシア州、ニュー・ファンドランド&ラブラドル州、)

赤毛のアンの家、「グリーンゲーブルス」。

赤毛のアンの家、「グリーンゲーブルス」

カナダ大西洋沿岸には、「赤毛のアン」の島として知られているプリンスエドワード島と大自然のワイルドな魅力たっぷりのニュー・ファンドランド&ラブラドル州、世界遺産ルーネンバーグなどのノバスコシア州、そして、干満の差が世界一であるファンディ湾があるニューブランズウィック州の4つのエリアがあります。

大西洋に浮かぶプリンスエドワード島は「赤毛のアン」の舞台として、世界中から多くのファンを集めます。しかし、この島の魅力はそれだけでなく、赤土と島を包む豊かな緑、青空、大西洋の藍色のコントラストが素朴で美しい景色を作り出し、旅行者の心を癒します。実際、お隣のアメリカからは赤毛のアンが目当てでない観光客の方が多いほど。 ニュー・ファンドランド&ラブラドル州ではホエールウォッチングや氷山の観光など、手付かずのワイルドな自然に触れられることがウリ。世界遺産に指定されている北米唯一のバイキング入植跡であるランス・オ・メドウ国定史跡、氷河によって浸食されたフィヨルドが美しいグロスモーン国立公園などがあり、知る人ぞ知る秘境です。 そして、世界遺産ルーネンバーグや北米有数のドライブルートとして知られるケープブレトン島のベースになるのが、ノバスコシア州のハリファックス。大西洋岸最大の都市として、ヨーロッパ方面の玄関口としての役割を担い、プリンスエドワード島へのフライトも数多く発着しています。
大西洋に面したこの地方では海の幸が豊富。中でも一番の名物がロブスター。マクドナルドでもこの地方でのみ「マックロブスター」の名前でロブスター・サンドウィッチが売られているほどです。その他、牡蠣、ムール貝、ズワイガニも大変美味。

<アクセス>
日本からの直行便はなく、トロントからの国内線乗り継ぎ、またはデトロイトなどのアメリカ国内都市を経由となります。カナダ国内でも日本からもっとも遠い場所にあるため、バンクーバー乗り継ぎでは同日到着ができません。