必ず訪れたい映画の都ハリウッド

スターの名前入りの星型があるハリウッドブルーバード

スターの名前入りの星型があるハリウッドブルーバード

映画のセットそのままのハリウッド&ハリウッドセンター

映画のセットそのままのハリウッド&ハリウッドセンター

ロサンゼルスと言えば映画の都ハリウッド。その中心であるストリート、ハリウッドブルーバード沿いは完全な観光エリア。そのため、大小様々なお土産物屋が集まっていて、お土産を買うには最適です。3枚10ドルのTシャツや10枚で1ドルのポストカードなど、とにかく安いお土産を手に入れることができます。

アカデミー賞受賞の際に渡されるオスカー像のレプリカは、面白いお土産の1つ。受賞カテゴリーのところに、「Good Mother(良い母親)」や「Good Husband(良いご主人)」などと書かれているので、もらった人もアカデミー賞受賞気分を味わえるというわけ。

ハリウッドブルーバードとハイランドアベニューの角あるハリウッド&ハイランドセンターは、映画初期の作品『イントレランス(1916)』のセットがそのまま再現されているショッピングモール。

有名なHollywoodの看板

有名なHollywoodの看板

テラスからは、“HOLLYWOOD”の看板をまっすぐ見ることができるため、そこはいつも写真を撮る観光客で大賑わい。また、このモールには、2002年よりアカデミー賞の受賞式が行われているドルビーシアター(旧コダックシアター)と観光客向けのDFSが併設されています。

多くの人がテレビなどで見たことあるであろう、ハリウッドスターの名前が刻まれた星型が埋め込まれているのもこのハリウッドブルーバード。誰でも知っているような有名人の名前は、比較的分かりやすい場所にありますが、それでも知らない名前の方が圧倒的に多いため、知っている人の名前を見つけるには一苦労。ちなみに、スティーブン・スピルバーグと二コール・キッドマンの名前は、コダックシアターの正面にあるので探してみて。

ドルビーシアターの隣には、スターの手形足形で有名なグローマンズチャイニーズシアターもあります。ここもスターの星型同様、知っている人のものを探すのはちょっと大変。有名人のものは比較的ストリートに近い場所にあるので、まずはストリート側から探してみましょう。人の手形足形だけではなく、ドナルドダックなどのもあるのが面白い。

また、ハリウッドの東側の山の上には、映画「理由なき反抗(1955)」の舞台にもなったグリフィス天文台があります。この場所は、昼間は“HOLLYWOOD”の看板を近くで見ることのできるスポットとして、夜はロサンゼルスの夜景が見えるスポットとして有名です。
グリフィス天文台から見たロサンゼルスの夜景

グリフィス天文台から見たロサンゼルスの夜景

とにかくハリウッドは映画一色。映画好きにはたまらないエリアです。宿泊に関しては、老舗の豪華ホテルから格安モーテルまで、様々な値段帯のものがあり、予算に応じて選ぶことができて便利。